人気脱衣麻雀シリーズ6作目『スーパーリアル麻雀PVI』のスイッチ版が5月23日に発売決定!「ごほうびの部屋」やミニゲーム「搾乳でポン」も収録

 マイティークラフトは、Nintendo Switch版『スーパーリアル麻雀PVI』を5月23日に発売することを発表した。価格は1980円。CEROレーティングはD(17歳以上対象)となる。

 『スーパーリアル麻雀』シリーズはヒロインと1対1で麻雀を行い、勝利すると脱衣アニメーションが堪能できる「脱衣麻雀」の代表作だ。1987年に1作目となる『スーパーリアル麻雀PI』がアーケードに登場し、2作目からは脱衣アニメーションを付けた脱衣麻雀へと転向、以降のシリーズもそれを踏襲する。

 シリーズ6作目となる『スーパーリアル麻雀PVI』は、1996年アーケード版が稼働。その約2ヶ月後にセガサターンでもリリースされた。どちらも18禁ゲームとしてリリースされたが、Nintendo Switch版はCERO Dとして3月に発売された『スーパーリアル麻雀PV』同様の規制が入ると予想される。

 移植はセガサターン版準拠で、勝利したキャラのアニメーションがいつでも見られる「ごほうびの部屋」、ミニゲームの「搾乳でポン」も収録されている。

(画像は『スーパーリアル麻雀』公式サイトより)

 麻雀の達人である香山藤兵衛を助けた主人公が、お礼に藤兵衛の孫娘や弟子の女の子を花嫁候補として紹介され、彼女たちと麻雀勝負を行うというストーリー。前作では3人だったヒロインが4人に増え、麻雀の打ち方でヒロインの評価が変わる「ドキドキエモーションシステム」が導入された。

 アニメーションは『スーパーリアル麻雀PV』に引き続きスタジオ・ファンタジアが担当。花嫁候補を探すというストーリーから、脱衣アニメーションはよりセクシーな路線へと舵を切った。

 3月に発売されたNintendo Switch版『スーパーリアル麻雀PV』に続きシリーズ2本目の移植となる。今後は『スーパーリアル麻雀P7』の移植も予定されているという。

 ヒロインのご褒美動画を見るため、脱衣麻雀で麻雀を覚えたという方も少なくないだろう。Nintendo Switch版『スーパーリアル麻雀PVI』で、もう一度ヒロイン達に挑戦してみてはいかがだろうか。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

Nintendo Switch版『スーパーリアル麻雀PV』配信が一時停止。表現規制が不十分なシーンあったため

25年の時を経て脱衣麻雀ゲーム『スーパーリアル麻雀PV』がNintendo Switchで復活。シリーズ作品も続々登場へ

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧