『魂斗羅 アニバーサリーコレクション』の収録タイトル全10作発表。プレミア付きの『魂斗羅 ザ・ハードコア』から複数バージョンの初代『魂斗羅』まで

 コナミデジタルエンタテインメントは、グループ創業50周年を記念した『アニバーサリーコレクション』シリーズ『魂斗羅 アニバーサリーコレクション』における全ての収録タイトルを発表した。

 『アニバーサリーコレクション』シリーズとしては、これまで『アーケードクラシックス アニバーサリーコレクション』『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』が発売されており、今回が現時点で公表されている最後の第3弾タイトルとなる。

■『魂斗羅 アニバーサリーコレクション』収録タイトル

『魂斗羅』(アーケード/1987年)
『SUPER魂斗羅 エイリアンの逆襲』(アーケード/1988年)
『魂斗羅』(ファミリーコンピュータ/1988年)
『CONTRA』(北米版) (NES/1988年)
 ※『魂斗羅』(ファミコン版)の北米版、英語表記。
『SUPER魂斗羅』(ファミリーコンピュータ/1990年)
『魂斗羅スピリッツ』(スーパーファミコン/1992年)
『コントラ』(ゲームボーイ/1991年)
『魂斗羅 ザ・ハードコア』(メガドライブ/1994年)
『SUPER PROBOTECTOR ALIEN REBELS』(SNES/1992年)
 ※『魂斗羅スピリッツ』の欧州版、英語表記。
『PROBOTECTOR』(MEGA DRIVE/1994年)
 この他、当時の資料や当時の開発スタッフへのインタビューなどを収録したデジタルボーナスブックが付属。

アーケード版『魂斗羅』
スーパーファミコン版『魂斗羅スピリッツ』
ゲームボーイ版『コントラ』

 アーケード版『魂斗羅』とその移植版としてシステムやマップ構成の異なるファミリーコンピュータ版『魂斗羅』、さらにその北米版となる『CONTRA』や、メガドライブミニにも収録が決定したプレミアソフト『魂斗羅 ザ・ハードコア』とその欧州版となる『PROBOTECTOR』など、ハードや発売地域の違うタイトルが多数収録されている。そのためか他のアニバーサリーコレクションが収録ソフト8本に対し、『魂斗羅 アニバーサリーコレクション』は全10作が収録されている。

 『魂斗羅 アニバーサリーコレクション』の発売日は2019年初夏。価格は税抜き3000円。対応プラットフォームはPlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switch、Steamとなっている。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

コナミ、創業50周年記念で『アニバーサリーコレクション』発表。4月18日に『悪魔城ドラキュラ』や『グラディウス』など8本を収録する『アーケードクラシックス』発売

『魂斗羅』から影響を受けた16bit風2Dアクション『Blazing Chrome』の新たなゲームプレイ映像公開。ロボット軍団に迫害された人類を救え

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧