大人気映画をゲーム化した『Ghostbusters: The Video Game Remastered』発売決定。「ゴーストバスターズ」の新人社員としておなじみの仲間とともに幽霊に挑め

 2009年にTerminal Realityによって開発された『Ghostbusters: The Video Game』のリマスター版『Ghostbusters: The Video Game Remastered』が正式に発表された。移植開発はTPS『World War Z』のSabre Interactiveが担当。対応プラットフォームはNintendo Switch、PlayStation 4、Xbox One、PC(Epic Games Store)。2019年内の発売を予定している。

 オリジナルとなる『Ghostbusters: The Video Game』は映画『ゴーストバスターズ2』の続編に当たるストーリーが描かれる。プレイヤーは「ゴーストバスターズ」の新人社員として、映画でおなじみの仲間とともに街を騒がすゴーストたちと戦う。プロトンパックを背負い、PKEメーターでゴーストの存在を探し出し、ゴーストトラップで捕獲。誰もが夢見たゴーストバスターズの仕事を実際に体験できるゲームだ。

 本作のためにアップグレードされたInfernal Engineは、映画さながらのプロトンビームを再現するほか、VELOCITY物理エンジンによりさまざまな物体が破壊可能となっている。これはゲームプレイにも関係しており、物を破壊するたびにクライアントから罰金を課せられてしまう。稼いだお金はガジェットのアップグレードに利用できるので、できるだけ物を壊さないようにゴーストを捕獲する必要がある。なおオリジナル版は最大3人までの協力マルチプレイに対応していたが、公式サイトを見る限り残念ながらリマスター版には搭載されていないようだ。

(画像は『Ghostbusters: The Video Game』より)
(画像は『Ghostbusters: The Video Game』より)

 ゲームにはオリジナルの映画からキャストが多数出演しており、ゴーストバスターズのピーター・ヴェンクマン博士(ビル・マーレイ氏)、レイモンド・スタンツ博士(ダン・エイクロイド氏)、イゴン・スペングラー博士(ハロルド・ライミス氏)、ウィンストン・ゼドモア(アーニー・ハドソン氏)は、本人を再現したモデルに本人が声を当てている。

 ほかにも『ゴーストバスターズ2』で最大の敵であるヴィーゴ大公の声を担当したマックス・フォン・シドー氏、イヤミな市環境保護局局長のウォルター・ペックを演じたウィリアム・アザートン氏、ゴーストバスターズの秘書を演じたアニー・ポッツ氏、精神科医として登場したブライアン・ドイル=マーレイ氏など、登場していない主要キャラを挙げたほうが早いのではと思うほどメンバーは豪華だ。ちなみに、ディナ・バレット役のシガニーウィーバー氏は残念ながら出演していない。

 今回発表された『Ghostbusters: The Video Game Remastered』でも音声の差し替えなどは発生しておらず、オリジナルのキャストはそのまま続投となるようだ。

(画像は『Ghostbusters: The Video Game』より)
(画像は『Ghostbusters: The Video Game』より)

 ゲームの脚本も映画の脚本を担当したダン・エイクロイド氏とハロルド・ライミス氏が執筆。ゲームではゴーストバスターズのメインテーマも流れる。多くの権利が入り組んでいるため、SteamやPS Storeなどのダウンロード販売はすでに終了済み。これまでゲームを手に入れるにはパッケージ版を購入するしかなかった。日本語版は残念ながら登場していないものの、映画から続く新しい「ゴーストバスターズ」のゲームとして『Ghostbusters: The Video Game』は高い評価を受けている。

 なお、2020年夏にはオリジナルの『ゴーストバスターズ』の流れをくむ新作映画の公開も予定されている。令和になっても引き続き『ゴーストバスターズ』ユニバースが楽しめそうだ。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

ホラゲ年表<β>

超常現象ハンターのお仕事はつらいよ。幽霊や巨大クモを調査し駆除する職業的ホラーゲーム『HellSign』Steamで配信

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧