PS4向け『十三機兵防衛圏』発売日が2019年11月28日に決定。アトラス&ヴァニラウェアがおくる13人の少年少女によるSF群像劇

 アトラスは、PS4向けタイトル『十三機兵防衛圏』を2019年11月28日に発売することを発表した。価格は通常版が8980円(税別)、限定版が14980円(税別)。

(画像はアトラス公式アカウント(@Atlus_jp)さん | Twitterより)

 『十三機兵防衛圏』は、アトラスとヴァニラウェアより開発されているアドベンチャーゲーム。13人の少年少女が「機兵」と呼ばれるロボットに乗り込んで戦いを繰り広げるSF群像劇になっており、ディレクターはヴァニラウェアの神谷盛治氏が担当している。

 本作は2015年に発表されたあと延期を続けていたが、ついに発売日が決定。あわせて公式サイトもリニューアルされており、13人それぞれが抱える謎を解き明かす「追想編」、イベントや物語を考察できる「究明編」、そして機兵に乗ってシミュレーションバトルを行う「崩壊編」のという3つの要素でゲームが進んでいくことが明らかになった。

 先着購入特典として、DLC「『十三機兵防衛圏』デジタル・アートワークス」が付属するほか、シークレットファイルやペーパークラフト・モデルキットが付属する限定版「『十三機兵防衛圏』プレミアムボックスも発売される。

ライター/渡邉卓也

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧