Google Playにて人気作品を表彰する「Google Play ベスト オブ 2019」の部門別優秀賞が発表。部門別の大賞とベストゲームは12月6日に発表

 Googleは12月3日(火)、Google Playで今年人気を集めた作品を表彰する「Google Play ベスト オブ 2019」発表した。部門ごとの大賞作品およびベストゲームについては別途、12月6日(金)に発表される予定だ。

(画像はGoogle Playストアより)

 「ベスト オブ 2019」の選考についてGoogleは、「多くの世代に愛される人気ゲームIPとキャラクターがモバイルならではのゲーム性で登場した一年で、高精細なグラフィック、リアルタイム対人戦など、意欲的な挑戦をしたゲームが多く見られました。」と総括した。

 Androidユーザーの投票によって決まる「ユーザー投票部門」には、Activisionの人気FPSシリーズをアプリ化した『Call of Duty: Mobile』や、『ドラゴンクエストウォーク』、簡単なドリフト操作で白熱したレースを楽しめる『マリオカート ツアー』などの有名IP作品が名を連ねた。

(画像はGoogle Playストアより)
(画像はGoogle Playストアより)

 ユーザー投票部門を含む、各部門ごとのベストゲームアプリは以下のとおり。


ユーザー投票部門 優秀賞

・Call of Duty: Mobile
・ドラゴンクエストウォーク
・マリオカート ツアー
・ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS
・ロマンシング サガ リ・ユニバース

インディー部門賞

・アーチャー伝説
・Infection – 感染 –
・ALTER EGO
・くまのレストラン
・Puzzrama ( パズラマ )

キュート&カジュアル部門賞

・けものフレンズ3
・東方キャノンボール
・ドクターマリオ ワールド
・トロとパズル ~どこでもいっしょ~
・ゆる~いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争

クリエイティブ部門賞

・ゼノンザード ( ZENONZARD )
・TEPPEN
・七つの大罪 光と闇の交戦 : グラクロ
・ブロスタ
・マリオカート ツアー

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧