次世代Xbox「Xbox Series X」発表。XboxからXbox Series Xまで4世代のゲームの互換性を約束

 「The Game Awards 2019」にてマイクロソフトは、次世代コンソールXbox Series Xを発表した。これまで「Project Scarlett」と呼ばれていたが、正式名称が判明した形だ。2020年ホリデーシーズン発売予定。

 マイクロソフトは大きな特徴の一つとして初代XboxからXbox Series Xまで4世代にわたっての互換性を約束している。どのような形での対応になるかは不明だが、これまで同社が力を入れてきた互換性は、Xbox Series Xでも保たれるようだ。また、すべてのXbox Oneのアクセサリー、Xbox Game Passにも対応する。

 Xbox Series XのハードウェアはXbox One Xの4倍の処理能力をほこり、静音性も高いという。AMDのZen2および次世代RDNAアーキテクチャを使用したカスタムCPUを搭載。レイトレーシングにも対応し、「ワールドクラス」のグラフィックを4K・60fpsでの動作を公約。場合によっては120fpsで動作する可能性もあるという。本体の形からも予想できるが、縦置き、横置きのどちらにも対応する。

(画像は🔴The Game Awards 2019 – 4K Livestream Tonight with Green Day, Ghost of Tsushima and More 🏆[OFFICIAL] より)

 また、VRR(Variable Refresh Rate)に対応。これはGPUの描画タイミングとディスプレイの書き換えのタイミングを同期させ、ディスプレイのティアリングなどを抑えるための機能だ。PCゲームに親しい方なら、「G-Sync」や「FreeSync」と同等の機能と言えば通りが良いだろう。
 このほか、低遅延モードを自動的にディスプレイに要求する「AUTO LOW LATENCY MODE」にも対応。低遅延モードにユーザーが切り替え操作をしなくても自動的に切り替わるようになる。

 Xbox Series X向けの新型Xboxワイヤレスコントローラーも同じく発表となった。より幅広いプレイヤーに対応する形になり、スクリーンショットやゲーム動画を簡単に撮影できるシェアボタンも新設。「Xbox Elite ワイヤレス コントローラー シリーズ 2」から派生した高度なDパッドも搭載する。この新型コントローラーはXbox OneおよびWindows 10にも対応となる。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧