『東京喰種』の石田スイ氏が完全新作として手がける少年歌劇SLG『ジャックジャンヌ』Nintendo Switchで2020年8月5日に発売決定

 12月20日(金)、Nintendo Switch用ソフト『ジャックジャンヌ』の発売日が2020年8月5日(水)に決定したことを同作の公式Twitterアカウントが伝えた。また今回の発表に合わせて、原作とキャラクターデザインを担当した石田スイ氏の直筆サイン入りNintendo Switch Liteが100名に当たるキャンペーンも開始している。

(画像は『ジャックジャンヌ』公式サイトより)

 本作は、漫画『東京喰種』(トーキョーグール)の作者、石田スイ氏が自身の完全新作として手がける「少年歌劇シミュレーションゲーム」だ。男性だけで構成され、男性が女性の役も演じる劇団「玉阪座」。この劇団に入るためには、玉阪座が養成機関として有する歌劇学校「ユニヴェール歌劇学校」を卒業しなければならない。

 歌劇学校の内部では狭き門を突破した才能ある生徒たちが、「クオーツ」、「オニキス」、「ロードナイト」、「アンバー」の4クラスに分かれて演劇を学んでいる。また、それぞれの生徒がユニヴェールで最優のクラスと、主役の座である男役「ジャックエース」、女役「アルジャンヌ」を目指して競い合っている。

 一方その頃、演劇の道を諦めていた主人公の女性「立花希佐」は、とある出来事をきっかけに、「2つの約束」を守ることを条件にユニヴェール歌劇学校への入学を特別に許可される。ひとつ目の条件は「年度末にある最終公演で主役になる」こと、そしてもうひとつの条件は「女性であることを隠し通す」ことだった…。

 『ジャックジャンヌ』は、2019年3月にうたの☆プリンスさまっ♪』シリーズなどの作品を制作するブロッコリーと、石田スイ氏による新プロジェクトとして始動した。

 ゲームシステムとしてはストーリー、シミュレーション、リズムゲームに分かれており、リズムゲームではキャラクターの歌を聴けるボイスパートと、乃木坂46やE-girlsにも振付を提供したプロダンサーのSeishiro氏による本格的な振付が魅力のダンスパートに分かれ、簡単操作で本格的なリズムアクションを楽しめる。

 価格は通常版、ダウンロード版が7800円(税込)、ビジュアルアートブックやボイスドラマCDなどの特典付き限定版は12300円(税込)となっている。店舗別予約特典などについては公式サイトや各店舗の商品ページを確認してみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧