Netflixドラマ『ウィッチャー』の効果で『The Witcher 3』のプレイ人数が急増。ドラマ公開前の3倍のプレイヤーがゲームを遊ぶ

 12月20日よりヘンリー・カヴィル氏主演のウェブドラマシリーズ『The Witcher』のファーストシーズンがNetflixで公開された。全8エピソードに渡り、モンスターハンターである主人公ゲラルトの戦いが描かれる。

 そんなウィッチャーの冒険を見た視聴者は、自分の冒険心にも火をつけられたようだ。ドラマが公開されてから数日、Steamで『The Witcher 3: Wild Hunt』をプレイする人が急増していることがSteam Chartの統計から判明した。

(画像はSteam Chartより)

 Steam Chartによると、12月19日まではピーク時に平均しておよそ1万5千人、11月には2万6千人がゲームをプレイしていたが、ドラマが公開された20日ごろから徐々にプレイヤー数が伸び始め、23日には3倍の4万8千人以上がゲームを遊んでいる。

 これは非常に評価が高いDLC第二弾「血塗られた美酒」がリリースされた2016年5月、そしてゲームが半額でセールされた2016年6月のSteamサマーセール時にゲームをプレイしていた人数とほぼ同じだ。現在1月3日までのSteamウインターセールで、ゲームが70%オフの1990円でセールされていることも関係しているだろう。

 加えて、『The Witcher 1 Enhanced Edition』『The Witcher 2: Assassins of Kings Enhanced Edition』のプレイ人数も増加傾向にあることが分かる。

 プラットフォームを越えてプレイヤーの実績やプレイタイムの統計を取るサービスPlaytrackerは、同様の動きがXboxやPlaystationでも起きていることを報告している。

(画像はSteam『The Witcher 3: Wild Hunt』より)

 長くゲームの続編製作に暗雲をもたらしていた、ゲームの原作者であるアンドレイ・サプコフスキ氏とゲームを開発したCD Projekt REDとのロイヤリティの支払いに端を発する関係悪化が友好的な解決に向かっていることを、海外メディアGame Informerが伝えている。

 ドラマはすでにセカンドシーズンの製作も決定しているが、もしかすると、今後ゲラルトの新たな冒険がゲームでも観られるかもしれない。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧