Nintendo Switch版『Devil May Cry 3』には“ちょっとした追加要素”を追加予定。プロデューサーのマシュー・ウォーカー氏がツイート

 カプコンのプロデューサーであるマシュー・ウォーカー氏は1月8日(火)、『Devil May Cry』シリーズの公式Twitterアカウントに動画ツイートを投稿し、2月20日(木)に発売予定のNintendo Switch版『Devil May Cry 3』(以下、『DMC3』)にはちょっとした追加要素(a little something extra)を加える予定であることを明かした。

 また、本動画では1月16日(木)、1月30日(木)、2月13日(木)に同タイトルに関する続報をリリース予定であることも明かしている。

 『DMC3』は、2005年に発売されたPlayStation 2用スタイリッシュクレイジーアクションゲームだ。悪魔と人間の間に生まれた主人公「ダンテ」は、便利屋を生業に街での生活を始めようとしていた。そんなダンテの前に謎の男「アーカム」が出現し、双子の兄「バージル」からの招待状を渡す。

 同時に、街には魔界と人界をつなぐ巨大な塔が出現。ダンテは人間としてではなく悪魔として生きる道を選んだバージルとの決着をつけるため、塔に封じ込められていた悪魔達を討伐していく。

(画像はSteam『Devil May Cry 3 Special Edition』より)
(画像はSteam『Devil May Cry 3 Special Edition』より)

 『DMC3』からはスピード、剣撃、銃撃、防御のそれぞれに特化した「スタイルアクション」システムが導入され、より多彩なアクションを楽しめるようになり、シリーズ最新作の『Devil May Cry 5』(2019)にもシステムが継承されている。

 2006年にはバージルを操作できるモードをはじめ、さまざまな要素を追加した『Devil May Cry 3 Special Edition』がPC(Windows)向けに発売されているが、今回のNintendo Switch版はさらにちょっとした要素が追加され、より楽しめるタイトルに仕上がることだろう。

 また、すでにNintendo Switch版が発売中の『Devil May Cry』、『Devil May Cry 2』、『DMC3』の3作品がセットになった『デビル メイ クライ トリプル パック』も公式通販サイトのイーカプコン限定で同時発売予定となっているので、購入を検討している人はこちらもチェックしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧