2010年代にアメリカでもっとも売れたゲームは『GTAV』。トップ15の実に10タイトルを『CoD』シリーズが占める

 市場調査会社NPDのアナリスト、マット・ピスカテラ氏が、2010年代のビデオゲームの売り上げに関するデータを公開した。

 それによると、2010年代のアメリカでもっとも売れたのは『Grand Theft Auto V』(以下、GTAV)。2013年にリリースされ、売り上げは1億1000万本を突破。映画などゲーム以外の作品も含め、単体エンターテイメント作品としても史上最大の売り上げを達成している。同梱されているマルチプレイ用『GTA Online』の人気も高く、定期的に新たなイベントやゲームの拡張が続いている。

(画像はマット・ピスカテラ氏のTwitterアカウントより)

 1位の『GTAV』などを除くと、トップ10の実に7つを『Call of Duty』シリーズが占めている。シリーズでもっとも売れたのは2010年に発売された『Call of Duty: Black Ops』。その2作目であり2012年に発売された『Call of Duty: Black Ops II』がそれに次ぐ。

 さらに2010年代のビデオゲームの売り上げトップ15で見ても、そのうち10作がシリーズ作品となっている。最新作『Call of Duty: Modern Warfare』も、2019年10月のリリースから3ヶ月連続でベストセラーゲームとなるなど、2010年代のアメリカは『Call of Duty』の年代だったと言えるだろう。

 そのほか、7位には『GTAV』と同じくRockstar Gamesの『Red Dead Redemption 2』がランクインしている。2018年の発売から2年でのランクインで、おなじく2018年発売の『Call of Duty: Black Ops IIII』に売り上げで勝っている。

 10位は『Minecraft』。2009年に発売され、さまざまなプラットフォームに移植。若年層を中心に幅広い支持を集めるゲームだ。YouTubeで2019年にもっとも視聴されたゲームとしても知られている。

(画像はマット・ピスカテラ氏のTwitterより)

 NPDは、米国におけるハードウェアとアクセサリの売り上げデータも公開しており、それによると2010年代にもっとも売れたハードはPlayStation 4で、2019年にもっとも売れたハードウェアはNintendo Switch。
 また、2010年代にもっとも売れたアクセサリはPlayStation 4のDUALSHOCK 4、2019年にもっとも売れたアクセサリはNintendo SwitchのProコントローラーとされている。

 2019年のビデオゲームの売り上げを含むNPDの調査結果はピスカテラ氏の動画で確認できる。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧