ケモノ大乱闘バトルゲーム『Rivals of Aether』のNintendo Switch版が2020年夏に発売決定。『ショベルナイト』『オリとくらやみの森』からのゲストキャラクターなど追加要素を全て収録

 アメリカのゲーム開発者Dan Fornace氏は、自身が制作した2D対戦アクションゲーム『Rivals of Aether』(ライバルズ オブ エーテル)のNintendo Switch版を、2020年夏に発売することを発表した。

(画像はYouTube「Rivals of Aether – Definitive Edition Teaser」より)

 『Rivals of Aether』は、火、水、風、土の要素を持つ地域からきたキャラクターを操作して戦う2D対戦アクションゲームだ。キャラクターごとの物語が描かれる「ストーリーモード」をはじめ、「みんなで対戦」、「ランクマッチ」、キャラクターを成長させながら敵を倒し続ける「エンドレスアビスモード」が搭載されている。

 素早い操作性や格闘ゲームならではの奥深さを重視したゲームデザインが特長で、カラーをパーツごとに細かく設定できるのも魅力だ。

(画像はSteam「Rivals of Aether」より)
(画像はSteam「Rivals of Aether」より)
(画像はSteam「Rivals of Aether」より)

 本作は2017年にSteam版が発売されて以降、キャラクターやステージを追加しており、『Shovel Knight』『Ori and the Blind Forest』とのコラボも実施している。今回発売される『Rivals of Aether Definitive Edition』には、これらの追加要素をすべて収録し、新たな目標やキャラクター装飾なども実装される。

(画像はSteam「Rivals of Aether: Shovel Knight」より)
(画像はSteam「Rivals of Aether: Ori and Sein」より)

 制作者のDan Fornace氏は、『大乱闘スマッシュブラザーズ』をゲームボーイ風にアレンジしたファンゲーム『Super Smash Land』を2011年にリリースし、話題となった。その後、Microsoft Studiosでバイクトライアルゲーム『Trials Evolution』や、レア社が開発した『Killer Instinct』のリメイク版などの作品に携わっていた経歴を持つ。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧