『アクション対魔忍』公式Twitterが”健全な対魔忍ゲームプレイのために”禁止行為についての注意喚起ツイートを投稿

 Gremoryが配信しているiOS、Android用アプリ『アクション対魔忍』にて、1月29日(水)、公式Twitterアカウントが利用規約の「禁止行為」について注意を促すツイートを投稿し、ユーザーの間で「健全な対魔忍」のキーワードが話題になっている。

 『対魔忍』シリーズは、2005年にインフィニティブレインのレーベル「LiLiTH」が発売したPC用の成人向けアドベンチャーゲームから始まっているが、今作『アクション対魔忍』は2019年12月24日に配信を開始した「対象年齢17歳以上」のアクションRPGとなっている。「井河アサギ」、「井河さくら」、「水城ゆきかぜ」といったシリーズおなじみのキャラクターを操作して敵と戦っていく。

(画像はYouTube「アクション対魔忍 No.18」より)

 1月17日には新たなプレイアブルキャラクターとして、『対魔忍ユキカゼ』(2011)に登場するヒロインキャラクターの「秋山凜子」を実装するなど、新たな要素が少しづつ追加されている本作だが、同日には利用規約違反者のアカウントを利用停止とする処分も実施しており、違反者に対しては厳正な処分を下す姿勢を示している。

 1月29日にも同様の内容をTwitter上で伝えたが、ユーザーの間では最後の一行に入った「健全な対魔忍ゲームプレイのため」という部分が気になるユーザーが続出。注意喚起のために投稿したツイートには50件近くの返信が付くほどの話題となっている。

 繰り返すが『アクション対魔忍』は、「対象年齢17歳以上」としてストアの審査を通っている。17歳以上のプレイヤーにおいては課金代行・ゲームアカウントの販売・購入、非正常な決済キャンセルなどの禁止行為は行わず、健全に『アクション対魔忍』を楽しんでもらいたい。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧