「Nintendo Switch」の販売台数が「スーパーファミコン」超える。累計5248万台、Wiiの勢い上回る好調な販売推移を記録

 任天堂は1月30日、2020年3月期の第3四半期(2019年4月~12月)の決算短信を公開した。『ポケットモンスター ソード・シールド』の売り上げが1606万本を超え、10月31日発売の『ルイージマンション3』や6月28日発売の『スーパーマリオメーカー2』も500万本以上の売り上げを突破したことが報告されている。

 そして、これらのゲームのプラットフォームであるNintendo Switchは、2019年9月に発売されたNintendo Switch Liteを含め、2020年3月期の第3四半期期間中で1774万台を売り上げた。12月にテンセントと協力して中国でも販売がスタートし、全世界での累計販売台数は5248万台となった。内訳はNintendo Switchが4730万台、Nintendo Switch Liteが519万台となっている。

(画像は任天堂 ゲーム専用機販売実績より)
(画像は2020年3月期の第3四半期決算短信より)

 任天堂のゲーム専用機販売実績によると、スーパーファミコンの累計販売台数4910万台。Nintendo Switchは2017年3月の発売から約2年と10ヶ月でスーパーファミコンの販売台数を追い抜いたことになる。
 Nintendo Switchより販売台数の多い据え置き型コンソールは、1億163万台のWiiと6191万台のファミリーコンピューターを残すのみとなった。Wiiは発売から約6年と8ヶ月で1億台を突破。単純計算ではNintendo SwitchはWii以上に好調な売り上げといえる。

 この結果を受け、任天堂はNintendo Switchの2019年4月1日から2020年3月31日の年間販売台数予想を、1800万台から1950万台に上方修正している。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧