モバイル版『MTGアリーナ』は2020年中にリリース予定と親会社の会長兼CEOが決算報告の場で言及。今月開催予定のイベント内プレゼンで詳細を発表へ

 アメリカの玩具メーカー・ハスブロが現地時間2月11日(火)、2019年度の決算報告を実施し、モバイル版『マジック:ザ・ギャザリング アリーナ』(以下、『MTGアリーナ』)を2020年中にリリースする予定であると明らかになった。

モバイル版『MTGアリーナ』は2020年中にリリース予定と親会社の会長兼CEOが決算報告の場で言及。今月開催予定のイベント内プレゼンで詳細を発表へ_001
(画像はYouTube「『マジック:ザ・ギャザリング アリーナ』:公式ゲームプレイトレーラー」より)

 『MTGアリーナ』の開発・運営を行うウィザーズ・オブ・ザ・コーストは、ハスブロの子会社である。そのため、今回の情報については、ハスブロの会長兼CEOを務めるブライアン・ゴールドナー氏が決算報告の場で言及している。

 『MTGアリーナ』は、2017年のクローズドベータテスト以来、Windows版のみが展開されており、2020年1月には、時限独占タイトルとしてEpic Games Storeでもリリースされている。また、一部では「近日にMac版が登場する」との推測も出ており、他機種版の登場に対する期待感の高まりがうかがえる。

 ゴールドナー氏は、現地時間2月21日(金)に行われる「アメリカ国際玩具フェア」内で行われるプレゼンテーションにて、モバイル版『MTGアリーナ』のリリース予定について更なる情報を公開するとも述べている。期待して続報を待ちたい。

ライター/ヨシムネ

ライター
モバイル版『MTGアリーナ』は2020年中にリリース予定と親会社の会長兼CEOが決算報告の場で言及。今月開催予定のイベント内プレゼンで詳細を発表へ_002
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ