あの「データウエスト」がまさかのゲーム事業を再開。過去作をWin7に対応させ通販サイトで販売中

 データウエストがゲーム事業を再開したことが明らかになった。更新履歴からサイト自体は12月末に作られており、今年1月末にゲーム事業を再開したと告知していたことがわかる。

 データウエストは80年代から90年代にかけて、アドベンチャーゲーム、シューティングゲームを制作した会社。特に90年代にPCではFM TOWNS、家庭用ゲーム機ではPCエンジンSUPER CD-rom2、メガCDで存在感を示したことが知られている。

 80年代に非18禁の美少女ゲームの先駆作『第4のユニット』シリーズを展開。また1987年に発売されたサイバーパンク・アドベンチャーゲーム『イミテーション・シティ』は、『428 〜封鎖された渋谷で〜』のイシイジロウ氏が学生時代にデータウエストでアルバイトをしている時代に制作されたものと知られている。

 90年代には、DAPS(Datawest Active Picture System)と呼ばれるシステムによって、ゲーム内でアニメーションを再生するプログラムを開発。ゲーム業界では先駆的にアニメーションを大々的に取り入れた会社として存在感を放った。このアニメ制作には京都アニメーションも携わったことがある。

 特にDAPSを使ったゲームでは、『Invitation』『Memories』『AYA』などの「サイキック・ディテクティブ」シリーズが有名だ。サイコアナリストの探偵・降矢木和哉が他人の心にダイブして、心象風景から手がかりを得るというミステリー・アドベンチャーゲームで、サイコな雰囲気とグロテスクな表現で独自の地位を獲得したカルト作して知られている。

 他にも実写表現を取り入れたアドベンチャーゲーム『Ms.DETECTIVE ファイル#1 石見銀山殺人事件』などの「ミス・ディテクティブ」シリーズ、シューティング・ゲームでは精細なグラフィックとBGM、そして極めて難易度が高いことで知られる『ライザンバー』シリーズがある。

(画像は【DATAWEST/ネット通販】より)
(画像は【DATAWEST/ネット通販】より)

 だが、90年代後半からはゲーム事業から事実上の撤退。以後、カーナビゲーションや地図データなどの地図事業、粉砕機などの特機販売事業を中心に展開していた。このため上記に挙げた作品のいずれもが入手困難となり、オークションなどでは高値がついていた。

 しかし今回、ゲーム事業再開の告知と共に通販サイトを開設。FM-TOWNSやPC-9821のソフトのほか、Windows7に対応した「サイキック・ディテクティブ」シリーズや、『第4のユニット』シリーズの後期作品が新品で手に入る。ただし早くも売り切れが見られ、入荷が望まれるところだ。また『ライザンバー』シリーズや「ミス・ディテクティブ」シリーズはラインナップに含まれておらず、こちらも取り扱って欲しいところ。なお、支払いは現在のところ銀行振り込みのみ対応している。

(画像は【DATAWEST/ネット通販】より)

 長らく入手困難だった作品が現行機に対応して容易に入手できることだけでも朗報だが、新作を含めた動きは何かあるのか。ゲーム事業を再開すると表明したデータウエストにこれから注目といえるだろう。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧