創作絵本『ポケモンのしま』が3月5日に発売決定。絵本作家ユニット「ザ・キャビンカンパニー」とコラボ、アーティスティックなポケモン絵本が完成

 小学館と株式会社ポケモンは、創作絵本『ポケモンのしま』を3月5日に発売すると発表した。著者は絵本作家ユニットのザ・キャビンカンパニー。価格は税別1200円。この発表とあわせて、特設サイトと動画「ポケモン151匹 ザ・キャビンカンパニー流の描き方」が公開されている。

 創作絵本『ポケモンのしま』では、ポケモンが数多く住む「ポケモンの島」へやってきた男の子「ゆめたくん」が、毎日ポケモンと島中をかけめぐって遊ぶというストーリーが描かれている。

 夢のような時間はあっという間に流れていき、さらに長い月日が流れていくという展開で、そこには親子二世代に送るメッセージが込められているという。

(画像はTwitter@THECABINCOMPANYより)

 著者のザ・キャビンカンパニーは阿部健太朗氏と吉岡紗希氏の夫婦でやっている二人組の絵本作家ユニット。廃校となった小学校を制作拠点として、絵本、立体造形、アニメーションなど、さまざまな表現方法を使い、独自の世界観を生み出している。日本絵本賞読者賞を2度も受賞したこともある、もっとも注目されている若手絵本作家だ。

 もともとこの企画の発端は、株式会社ポケモンが「これまでのポケモン絵本とは違う新しい表現の絵本を」として、ザ・キャビンカンパニーに制作を依頼したもの。しかしポケモンに子供のころから思い入れが深かったザ・キャビンカンパニーは、最初はこの依頼を断わったという。

 しかしその後「ポケモンと遊んだ子どもの成長と、別れとせつなさと、次世代に手渡す希望」という描く意味があるテーマを見出し、さらに株式会社ポケモンの粘り強い説得もあり、快諾。絵本『ポケモンのしま』が制作されることとなった。こうして、これまでのポケモンの絵本にないアーティスティックでこだわり抜かれた絵本が完成することとなった。

(画像はTwitter@THECABINCOMPANYより)
(画像はTwitter@THECABINCOMPANYより)
(画像はTwitter@THECABINCOMPANYより)

 この絵本『ポケモンのしま』に合わせた特設サイトでは、本作の制作秘話が語られるインタビューと共に、動画「ポケモン151匹 ザ・キャビンカンパニー流の描き方」が公開されている。

 動画では実際にどのようにザ・キャビンカンパニーが絵本を制作しているのか、鮮やかで繊細な筆致の一端を垣間見ることができる。

 子どもだけではなく、大人も含んだ親子二世代に向けられたという『ポケモンのしま』。子どもがいるご家庭はもちろん、ポケモンファンの大人が読んでもノスタルジーに浸れる興味深い作品となっていそうだ。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧