2月19日のTwitterに登場したトレンドワード「]-[|/34」が話題に。あるシューティングゲームに関連する言葉が浮上した理由とは

 2月19日(火)、Twitterのトレンドワードにキーワード「]-[|/34」が登場した。キーワードを選択してもツイートは一件も表示されず、不審に思った人も多くいることだろう。実はこのワード、シューティングゲームを制作しているケイブのゲームに関連する言葉であり、本家の公式アカウントもTwitter上でツイートしている。

 ケイブは、1994年に設立されたゲーム制作会社。ゲームセンターに置いてある業務用ゲーム機(アーケードゲーム)から始まり、近年では『ゴシックは魔法乙女〜さっさと契約しなさい!〜』『ロードオブダンジョン』などのiOS、Android向けゲームも開発している。

(画像はAmazon Androidアプリストア「ゴシックは魔法乙女」より)

 中でも、同社が得意としているのはシューティングゲームで、速度の遅い弾が大量に出てくる、いわゆる「弾幕系シューティング」のジャンルを確立させたのはケイブだ。なかでも、『怒首領蜂』(どどんぱち)などの作品からなる『首領蜂』シリーズは、名前だけなら知っている人も多いのではないだろうか。

 さて、「]-[|/34」とは、あるキャラクターの名前(アルファベット)を一部の形の似た数字や記号に変えたもので、Leet表記(ハッカー語)と呼ばれるものが使われている。類似する例を説明すると、漢字の「神」を似たかたちの「ネ申」であらわすようなものだ。

 Leet表記に従って「]-[|/34」をアルファベットにもどすと「HIBA」となるのだが、トレンドワードに入った「]-[|/34」は、ことばの一部が欠落しており、意味をなしていない。本当のかたちは「]-[|/34<#!」で、これを同様にもどすと「HIBACHI」(ヒバチ)となる。

 ヒバチとは、『首領蜂』シリーズ2作目にして、シューティングゲームの金字塔を打ち立てた『怒首領蜂』(1997)以降、名称を少しづつ変えながら登場しているボスキャラクターだ。

 「]-[|/34」の名称は業務用ゲーム機向けに発売された『怒首領蜂 大復活』で使われている。どのヒバチも、多くのプレイヤーをゲームオーバーへと叩き込んだ強敵である。

 しかし、ますます「なぜトレンドワードに]-[|/34が浮上してきたのか」を疑問に思うことだろう。実は、今回トレンドワードに浮上してきた理由は、2月20日(木)より稼働開始するセガのアーケード向け音楽ゲーム『オンゲキSUMMER PLUS』に、『怒首領蜂 大復活』のイメージソング「どどんぱち大音頭」の譜面が追加されることに起因する。

 音楽ゲームに楽曲が提供されたのはこれが初めてではなく、2016年に『怒首領蜂 大復活』のSteam版が配信されたのと同時期に行われたコラボ企画で、タイトーの『グルーヴコースター』「]-[|/34<#!」戦の曲が収録されている。

 音楽ゲームを中心にプレイする“音ゲーマー”の人たちにとっては、待望、あるいは絶望の高難易度楽曲が追加されることとなり、トレンドワードに「]-[|/34」が浮上する現象が発生したようだ。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧