ジルが追跡者やゾンビと戦う『バイオハザード RE:3』の最新ゲーム映像が公開。体験版の配信も明らかに

 Twitterの『バイオハザード』海外公式アカウントは、4月3日発売予定のホラーゲーム『バイオハザード RE:3』の体験版が“進行中だ”と配信予定であることを発表した。体験版の配信日やプラットフォーム、『バイオハザード RE:2』のようなプレイに時間制限が設けられた「ワンショットデモ」かどうかは未定となっている。本編はPlaystation 4、Xbox One、PCでリリース予定だ。

 また、海外では一部メディアによるハンズオンプレビューも解禁されており、Gameinformerからは15分のゲームプレイ映像が公開されている。

 『バイオハザード RE:3』は1999年に発売された『バイオハザード3 LAST ESCAPE』(以下、バイオハザード3)のリメイクバージョンだ。『バイオハザード2』とほぼ同一の時間軸のラクーンシティをジル・バレンタインの視点で描く。

 北米のPlayStation.blogではゲームプレイの詳細が明かされており、ラクーンシティの通りはオリジナル版に比べより広くなるという。また、地下鉄駅や迷路のような下水道、より詳細なドーナツショップなど、崩壊中のラクーンシティを都市らしく肉付けしていることが記されている。

 マップにはバレルや電気ボックスなど撃つと周りにダメージを与える環境トラップが多く配置され、うまく使うことで弾薬を節約できる。ジルは鍵開けが得意なため、解錠可能な南京錠も各所にあるという。拡張マガジンやレーザーサイトといった武器MODも引き続き登場する。

(画像は『バイオハザード RE:3』公式サイトより)
(画像は『バイオハザード RE:3』公式サイトより)
(画像は『バイオハザード RE:3』公式サイトより)
(画像は『バイオハザード RE:3』公式サイトより)

 『バイオハザード3』では緊急回避が導入されたが、『バイオハザード RE:3』でもR1+左スティックでドッジロールが可能だ。敵が掴みかかる瞬間にドッジすることでパーフェクトドッジが発動され、カウンター攻撃のためのスローモーションが発生する。ジルのナイフは『バイオハザード RE:2』のように劣化せず、自己防衛のためには使われない。攻撃の回避にはドッジのみ利用できるようだ。

 オリジナル版の大きな特徴だった追跡者ネメシスは、『バイオハザード RE:2』のタイラント以上に強力になっているという。ゲームプレイ映像では強力なパンチだけでなく触手でジルを近くまで引きずり寄せたり、火炎放射器を装備していることもある。一時的に無力化することは可能であり、倒せば貴重な補給ケースをドロップすることがある。弾薬が十分で前述の環境トラップのある広い場所を選んで戦えば貴重な補給手段となるだろう。
 ネメシス以外にもハンター γやドレインデイモスといった『バイオハザード3』に登場したクリーチャーも再登場する。

 初心者救済のためにオリジナル版のイージーモードのような「アシストモード」が搭載される。このモードでは体力が自動回復し、敵は弱くなり、より多くの弾薬が手に入る。また、オリジナル版のイージーモードと同様に強力なアサルトライフルも所持してスタートとなる。

(画像は『バイオハザード RE:3』公式サイトより)
(画像は『バイオハザード RE:3』公式サイトより)

 新たにラクーンシティを舞台にした非対称対戦サバイバルホラー『バイオハザード レジスタンス』も収録される『バイオハザード RE:3』は4月3日発売予定だ。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧