任天堂が「2019年に平均プレイ時間が長かったゲーム30本」を公開。『ファイアーエムブレム 風花雪月』や『ポケモン剣盾』など並ぶ

 任天堂は、「たっぷり楽しめるゲームであそぶ」ページを公開した。
 このページでは、2019年に平均プレイ時間が長かったNintendo Switch向けのソフト30本が紹介されている。Nintendo Switchにはプレイ時間の計測機能があり、いつでもアカウントのマイページで確認することができ、そのデータをもとにしたリストアップだと思われる。

(画像は任天堂ホームページより)

 「たっぷり楽しめるゲームであそぶ」ページでは、Nintendo Switchのローンチタイトルとして発売されたゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』『ゼノブレイド2』にといったRPG系の作品が並んでおり、硬派なオープンワールドゲームである『The Elder Scrolls V: Skyrim』『ウィッチャー3』も紹介されている。3陣営からひとつを選んでプレイすることになる『ファイアーエムブレム 風花雪月』も、やはりやり込みのあるタイトルとして今回選ばれているようだ。

 また『スプラトゥーン2』『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』『フォートナイト』などマルチプレイ対戦を盛り込んだタイトルもやはり多く選出されている。RPGとしても対戦・協力プレイも楽しめる『ポケットモンスター ソード・シールド』もリストアップ。去年12月の大型アップデートにより協力マルチプレイが解禁した『妖怪ウォッチ4』など、もう一度楽しんでみるのも良いだろう。

(画像は任天堂 『ファイアーエムブレム 風花雪月』より)
(画像は任天堂 『ポケットモンスター ソード』より)

 任天堂は一切言及はしてないものの、現在は新型コロナウイルスの感染により外出の自粛要請や施設の一時封鎖が相次いでいる。ゲームを遠く離れた人とプレイしたり、ひとりで黙々とプレイしたりするには、いいタイミングなのかもしれない。

文/tnhr

ライター
メイプルストーリーで人との関わり方を学び、ゲームのゲームらしさについて考えるようになる。主にRPG、アドベンチャーゲーム、アクションゲームの物語やシステムに興味のある学生。
Twitter:@zombie_haruchan
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧