ゲーム開発者会議「GDC」が3月から夏後半に延期へ。新型コロナの影響により出展取りやめ相次ぐ、例年は最新技術や開発者が選ぶゲーム・オブ・ザ・イヤーを公開

 3月に開催を予定されていたゲーム開発者会議「GDC 2020」(Game Developers Conference 2020)が、2020年の夏後半へと延期されることが主催団体より発表された。新型コロナウイルス感染症の感染拡大を懸念して企業の出展取りやめが相次いだためで、主催団体はこの1年間にわたりさまざまな面で準備してきたイベントを催すことができず非常に残念だと伝えている。

 GDCは2001年からほぼ毎年にわたりアメリカのサンフランシスコで開催されてきた約19年の歴史があるゲーム開発者イベントだ。
 全世界のゲームメーカーやデベロッパーが集まり、最新のゲーム関連技術やゲームデザイン、ビジネスモデルなどに関する講演を実施する。開発者によって選ばれるゲームアワード「Game Developers Choice Awards」や、インディーゲームの祭典「Independent Games Festival」が同時に開催されることでも知られている。

(画像はGDC公式サイトより)

 2020年のGDCはPlayStation 5、Xbox Series Xと次世代機を発表した直後ということもあり、両機のスペックに関する最新情報の公開にも期待がかかったが、GDC自体は延期されることとなった。

 このほかにも「Unreale Engine」のEpic Gamesや「Unity」のUnity Technologiesといった主要なゲームエンジン企業、VRの「Oculus」を有するFacebookなども出展を取りやめており、延期の決断は時間の問題だったと考えられる。

新型コロナウイルスの影響を受けゲーム開発者会議「GDC 2020」への参加中止を表明する企業が続く。ソニーに続きマイクロソフトやEpic GamesやUnityも

任天堂、新型コロナウイルスの影響で『あつまれ どうぶつの森』スイッチ本体セットの予約販売を延期。『リングフィット アドベンチャー』生産に影響も

 GDCの主催団体はすべての来訪予定だった人やパートナーに感謝の意を述べつつ、数週間以内には新たな情報を伝える予定だとしている。新型コロナウイルスによるイベントや催しものの延期、障害は国内外で続いており、国内のゲーム関連では『NieR』のオーケストラ東京講演の中止やNintendo Switchの生産および出荷の遅延などが確認されている。

文/ishigenn

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧