『ハリーポッター』の「クィディッチ」風スポーツアクションゲーム『Broomstick League』が3月6日よりSteamにて発売開始

 Blue Isle Publishingは、ホウキに乗って空を駆けぬけるスポーツアクションゲーム『Broomstick League』の早期アクセスを、3月6日(金)よりSteamにて開始する。

 『Broomstick League』は、ファンタジー小説の『ハリー・ポッター』シリーズに登場する魔法使いのスポーツ「クィディッチ」に強い影響を受けている。開発はVirtual Basementが担当し、Code HeadquartersとBlue Isle Studiosが制作に協力している。

(画像はSteam「Broomstick League」より)
(画像はSteam「Broomstick League」より)

 プレイヤーは1対1、2対2、3対3の2チームに分かれ、ステージの中央に浮かぶボールを奪いあう。奪ったボールは相手側のゴールに投げ込むことで自チームの得点となる、分かりやすいルールだ。

 また、プレイヤーは魔法の杖を持っている。相手に呪文を放ってボールを弾き飛ばしてもいいし、テレポートの呪文を使って自チームに有利な位置へ一瞬で移動することもできる。プレイヤーキャラの外観はカスタマイズが可能で、新しいホウキや杖、挑発・ダンスほかのエモーションなど、見ためで楽しめる要素も充実している。

 ゲームのコンセプトとしては「クィディッチ」に近いものだが、相手の持つボールを弾いたり、高速移動で有利な位置に移動するなどのゲームシステムは、サッカーゲームにレースゲームの要素を組み合わせた『ロケットリーグ』にも似ている。

(画像はSteam「Broomstick League」より)

 リーダーボードや統計、プレイヤーレベルなどの機能も搭載されているので、eスポーツとしても楽しめる作品になっている。ステージの背景にはドラゴンやトロールなどの幻想生物も登場し、ファンタジーな独自の世界設定を感じさせてくれることだろう。

(画像はSteam「Broomstick League」より)

 『Broomstick League』の早期アクセスは9ヶ月から12ヶ月ほど続き、トレーニングやランクマッチ・カスタムマッチなどの新しいコンテンツや、バグの修正、安定性の向上やカスタマイズアイテムの追加が行われていく予定だ。「クィディッチ」や『ロケットリーグ』が好きな人はチェックしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧