フロムソフトウェアの『SEKIRO』が「文化庁メディア芸術祭」のエンターテインメント部門で優秀賞を受賞。国内外で多くの支持と数々の受賞歴を持つ本格アクションADV

 フロム・ソフトウェアは3月6日(金)、『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』「第23回 文化庁メディア芸術祭」のエンターテインメント部門で優秀賞を受賞したことをTwitter上で伝えた。

 「文化庁メディア芸術祭」はアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品の功績を称えるメディア芸術の総合フェスティバル。1997年から毎年開催されており、受賞作品の展示・上映や、シンポジウム等の関連イベントを実施する受賞作品展も開催している。

 第23回では、世界107の国と地域から、3566点におよぶ作品の応募があった。なお、過去の受賞作品については「文化庁メディア芸術祭 歴代受賞作品」のアーカイブから確認することができる。

 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』は、精巧に設計された立体的なマップをダイナミックに移動・探索し、プレイヤーの覚悟を問うような強大な敵たちに、右手の「刀」と左手の「義手忍具」を駆使して挑む、本格アクションアドベンチャーゲームだ。

(画像はSteam「Sekiro: Shadows Die Twice」より)
(画像はSteam「Sekiro: Shadows Die Twice」より)

 国内のゲームでは、バンダイナムコアミューズメントが手がけた『アスレチックVR パックマンチャレンジ』や、レストランチェーンを運営するサイゼリヤの『サイゼリヤオリジナル店舗運営ゲーム』、スクウェア・エニックスとコロプラの共同制作チームによる『ドラゴンクエストウォーク』が「審査委員会推薦作品」に選ばれている。

『サイゼリヤオリジナル店舗運営ゲーム』

 また、海外作品ではSukeban Gamesの『VA-11 Hall-A』や、Thatgamecompanyによる『Sky 星を紡ぐ子どもたち』が「審査委員会推薦作品」に選出された。

 このほか、死を受け入れる男性の夢を描いたペルー発の作品『Aarog』や、第二次世界大戦中のカナダを舞台に、強制収容所に収容される日系カナダ人の家族を追体験する『East of the Rockies』、サブスクリプションサービスのApple Arcadeに収録されている『Spek.』も推薦作品に選ばれている。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧