『Call of Duty: Warzone』配信から24時間で600万人が遊ぶ。装備購入が可能な現金の要素を取り入れた基本無料の新作バトロワゲーム

 Activision Blizzardは、3月11日にリリースされたバトルロイヤルゲーム『Call of Duty: Warzone』において、24時間で600万人以上がゲームを遊んだことを報告した。

 本作は『Call of Duty: Modern Warfare』と連携可能な拡張版であり、ゲームを持っていなくても単体で遊べるバトルパス方式の基本無料ゲームでもある。なお、600万人のプラットフォームごとの内訳は公表されていない。

(画像は『Call of Duty』公式Twitterアカウントより)

 『Call of Duty: Warzone』では現金が重要な要素となっており、現金を集めることは落ちている武器を拾い集めることと同じくらい戦局を左右する。フィールドには購入ステーションが設置されており、現金で装備や味方を復活させるアイテムが購入可能。武器の引きが悪いときでも、現金さえあれば望むものが手に入るのだ。
 バトルロイヤルモードでは、倒されたプレイヤーは収容所へと送られ、ほかの死亡者と復活を賭けて1対1で戦う一風変わった要素となっている。

 また現金を奪いあいほかのチームよりも早く100万ドルを集める「PLUNDER」モードも存在。フィールド上で現金を探したり、サブクエストのような「コントラクト」を達成したり、倒した相手から奪ったりして現金をかき集める。
 このモードではバトルロイヤルゲームではおなじみのサークルの崩壊がなく、死亡してもカウントダウン後に再出撃できる。通常のバトルロイヤルゲームとはプレイフィールが異なるルールだ。

 幾度となくリリースが噂され、まだかまだかと待ちわびた『Call of Duty: Warzone』もようやくリリースとなった。すでにゲームを遊んでいるという方も多いのではないだろうか。『Call of Duty: Black Ops 4』で初めて導入されたバトルロイヤルモードが、次の作品ではF2Pとして誰もが遊べるようになった。今後もプレイ人数が伸びていくことは想像に難くない。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧