ごく普通のシカを操るスローライフ街破壊ゲーム『DEEEER Simulator』まさかの「ごく普通のパン」が参戦決定。パンが銃を持って大暴れ

 PLAYISMは3月25日、Steamで配信中の『ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulator』で、パンになって遊べるアップデートを実施したことを発表した。登場するパンは、Bossa Studio開発の『I am Bread』の食パンで、テイストの似たバカゲー同士によるまさかのコラボとなっている。

 また、シカが手榴弾の爆風に耐えるようになり、細かなバグを修正したことも報告した。

 アーリーアクセス配信から注目を浴びている『ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulator』は、3月9日に「普通のイヌのおまわりさん」の追加を実施するなど、ハイペースで予期できないアップデートを発売後も提供している。

 今回コラボレーション相手となった『I am Bread』は、なんの変哲もない1枚のパンがキッチンから宇宙までを冒険し、トーストとなるまでの英雄譚を描いたゲームだ。作中ではパンが車を運転したり、重火器を使用し「ごく普通の鹿」と性質が似ているため、今回の抜擢はかなり的確かと思われる。

(画像はSteam「I am Bread」より)
(画像はSteam「ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulator」より)

 PLAYISMが公開した映像では、パンが銃や刀を使い警察を攻撃するといういままでに見たことがないような光景が映し出されている。ごく普通のパンになっても、ごく普通の鹿と同じ爽快感のあるプレイが楽しめそうだ。

 まだまだ、予期せぬアップデートが期待できる本作に、まだ触れていない読者は購入してスローライフな街破壊を楽しんでみてはいかがだろうか。

文/tnhr

ライター
メイプルストーリーで人との関わり方を学び、ゲームのゲームらしさについて考えるようになる。主にRPG、アドベンチャーゲーム、アクションゲームの物語やシステムに興味のある学生。
Twitter:@zombie_haruchan
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧