長寿ギャグマンガ『スーパーマリオくん』の英語版が初めてリリースへ。泣けるエピソードを選んだ『スーパーマリオくん 傑作選』が発売決定

 『ドラゴンボール』『ナルト』『週刊少年ジャンプ』を英語圏で販売する「VIZ Media」は、沢田ユキオ氏のマンガ『スーパーマリオくん』の傑作選を出版することを発表した。

 タイトルは『Super Mario Bros. Manga Mania』。『スーパーマリオくん』はこれまでフランス語やスペイン語に翻訳されて出版されていたが、英語圏でリリースされるのはこれが初めてとなる。

(画像はVIZ Media公式Twitterより)

 『スーパーマリオくん』は、1990年から「月刊コロコロコミック」(以下、コロコロコミック)で連載が続く沢田ユキオ氏の大人気ギャグマンガだ。タイトルの通り『スーパーマリオ』を題材としており、コロコロコミックらしいギャグが満載となっている。スタートから約30年が経った現在も変わらず連載が続いており、幼い頃『スーパーマリオくん』を読んでいたという世代は幅広い。コロコロコミックでは最長の連載期間を誇る。

 『スーパーマリオくん 傑作選』は日本では2017年に出版され、作品の中でも感動的な「泣けるマリオくん」をテーマに、700本近い作品から9本を沢田氏自ら選出した。コロコロコミックで育った大人向け雑誌コロコロアニキに掲載された「スーパーマリオッさん」も初めて単行本化されている。

 英語版出版を発表したVIZ Mediaのツイートには、英語圏から多数の反応が寄せられている。タイトルが異なるため「これってSuper Mario Kun?」と聞く声もある。正式には出版されていない英語圏でも『Super Mario Kun』として一部のファンには知られているようだ。

 米アマゾンでは『Super Mario Bros. Manga Mania』の商品ページがオープンしている。ギャグマンガとしての紹介のみが載っており、傑作選が泣けるエピソードを選んだものだという説明はされていない。ギャグマンガとして有名な作品の初めての英語翻訳版として少し心配になるが、今後詳細な商品説明がされることに期待したい。

(画像は小学館公式サイトより)

 『スーパーマリオ』35周年記念の2020年に『スーパーマリオくん』の英語圏デビュー、はたして日本で長年愛されてきたシリーズが英語圏でどのように受け止められるのか気になるところだ。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧