スマホ向けマーダーミステリー『独り身ユニオン -裏切りのシンデレラ-』配信開始。シェアハウスの掟を破って恋人を作った同居人を探せ

 uraconは、スマートフォン用マーダーミステリー『独り身ユニオン -裏切りのシンデレラ-』の配信を開始した。プラットフォームはApp StoreGoogle Play。プレイ人数は4人で、プレイヤーごとにアプリを購入する必要がある。価格は610円。4月30日まで370円のセールとなる。

 マーダーミステリーとは、推理ドラマやミステリ小説の登場人物に成りきって、犯人を探すアナログゲーム。逆に犯人役の人間は他のプレイヤーに特定されないようにする。日本ではマーダーミステリーの専門店が相次いでオープンするなど、新作シナリオが続々と作られている状況だ。昨今では、アプリを使ってプレイするデジタル版のマーダーミステリーも登場しつつあり、本作もそのなかのひとつとなる。

 『独り身ユニオン -裏切りのシンデレラ-』は、とあるシェアハウスが舞台のタイトル。そこでは仲良し 4人組の女子が平和に暮らしていたが、各人の男運の悪さから「恋人を作らないこと」を暗黙の掟としていた。だがある日、石油王が「私の恋人に会いにきた」と訪ねてきて、4人組の女子は会議がもられることに。はたして掟を破って、恋人を作った同居人は誰なのか。そして石油王の正体とは。

 本作はゲームマスターは必要ないタイプのゲームとなり、ストーリーの進行をアプリが管理。プロフィールや持ち物、手がかりなども、アプリ側が表示してくれる。また犯人投票をアプリを通じて行えるので、別途、チャットアプリを使えば完全にオンラインでプレイが可能だ。途中で不慮の切断が起きても、復帰できる仕組みになっているという。

 なお、マーダーミステリーは犯人がわかってしまうと遊べないため、ネタバレが絶対厳禁のジャンルだ。そのため配信などは実況動画などを禁じられてる作品が多いが、本作の場合、配信や実況動画の公開は可能としている。なお、そのときはネタバレがある旨を記入しておく必要がある。

(画像はGoogle Play『独り身ユニオン -裏切りのシンデレラ-』より)
(画像はGoogle Play『独り身ユニオン -裏切りのシンデレラ-』より)
(画像はGoogle Play『独り身ユニオン -裏切りのシンデレラ-』より)
(画像はGoogle Play『独り身ユニオン -裏切りのシンデレラ-』より)

 現在は、新型コロナウイルスの情勢で、人と顔を合わせてアナログゲームをプレイするのが難しくなっている。しかしオンラインでプレイ可能、さらにカジュアルな題材ということもあり、マーダーミステリーの入門編に本作は最適といえるだろう。マーダーミステリーをプレイしたことない人は、本作で挑戦してみてはいかがだろうか。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧