『マインクラフト』で1/2スケールの大学キャンパス再現プロジェクトが進行中。ロチェスター工科大学が模擬卒業式やキャンパスツアーなど実施

 ニューヨーク州に本部を置くロチェスター工科大学(以下、RIT)のElectronic Gaming Society(以下、EGS)に所属する学生を中心に、『マインクラフト』キャンパスを再現するプロジェクトが進められている。

 デジタルキャンパスの縮尺は2分の1。すでに大学の特徴的なモニュメントや体育館など、多くの施設を再現。それらを紹介するトレイラーも公開された。

RITのモニュメント「The Sentinel」
(画像はロチェスター工科大学公式Twitterアカウントより)

 新型コロナウイルスで同大学も対面式の授業をすべてキャンセルしており、学生自治会がEGSにオンラインでの学生たちのつながりを促進する方法がないか打診してからこの取り組みが始まった。

 EGSはすでに何年も『マインクラフト』のサーバーを運営しており、以前キャンパスを再現するプロジェクトも持ち上がっていた。しかし大学を丸々再現するのは簡単ではなく、EGSだけでなく学生自治会を通じてRITの学生の参加が見込めたからこそ、今回プロジェクトが動き出したのだろう。このプロジェクトには学生、卒業生、教員、スタッフ、およびその家族ら300人以上が参加しているという。

 このプロジェクトのヘッドモデレーターであり、ゲームデザインと開発学部の2年生であるアレクサ・アモリエロ氏は、RITのセクションをひとつずつ完成させていく手段を取っていると説明している。レッドストーン回路の製作によく使われるSchematicファイルを用い、大学のセクションを2分の1の縮尺で設計してから協力者と共にゲーム内で建設に当たる。

 こうして製作されたデジタル大学は、すでに学生から模擬卒業式、バーチャルキャンパスツアー、オンラインでのヒューマン対ゾンビゲームなど、さまざまな利用方法が提案されている。

(画像はロチェスター工科大学公式サイトより)
(画像はロチェスター工科大学公式サイトより)

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの大学がオンラインでの授業に移行している。そんな状況のなか、『マインクラフト』を通じて学生たちが交流しようとする流れはRITだけのものではない。海外メディアThe Vergeでは、ペンシルバニア大学やカリフォルニア大学ロサンゼルス校、ボストン大学などの学生に取材し、キャンパスの再現など『マインクラフト』内での取り組みを紹介している。

 対面式の授業だけでなく卒業式のようなイベントのキャンセルも多いが、学生は逆境に負けず自分たちで学生生活を楽しむ方法を確立しているようだ。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧