『夜勤事件』開発スタジオ最新作『Onryo | 怨霊』が4月25日発売。カメラを使って悪霊退散、『零 zero』風の作品になることが明らかに

 Chilla’s Artは、サバイバルホラーゲーム『Onryo | 怨霊』をゲームプレイトレーラーを公開した。発売日は4月25日。プラットフォームはSteam。価格は不明。

 『Onryo | 怨霊』は、『The Convenience Store | 夜勤事件』を開発したChilla’s Artの最新作。今回、公開されたトレーラーでは、幽霊が出る日本屋敷を舞台に特別なカメラを使って、悪霊のお祓いをしていく作品となることが判明した。

 トレーラーでは、女の子が「なんだか嫌な予感がする」と呟きつつ、薄暗く不穏な空気うずまく不気味な家屋に足を踏み入れていく。この女の子の目的は、この場所になぜ幽霊が現れるのか確かめること。肉眼では幽霊は見えないが、カメラをファインダーを通して見ると、そこには不気味な幽霊の姿が確認できる。中央のアイコンが緑に表示されると、シャッターチャンスだ。悪霊を攻撃して撃退することができる。

(画像はSteam 『Onryo | 怨霊』より)
(画像はSteam 『Onryo | 怨霊』より)
(画像はSteam 『Onryo | 怨霊』より)
(画像はSteam 『Onryo | 怨霊』より)

 なお、今回はChilla’s Artが開発した『Aka Manto | 赤マント』タイプの作品になるとのことで、家を探索しつつ、鬼ごっこやかくれんぼ、パズルなどの要素が含まれていそうだ。『Aka Manto | 赤マント』よりはシンプルなゲームシステムになるという。

 カメラを使ったギミックは、ホラーゲーム『零 zero』に影響を受けたという。ほかにも『バイオハザード』からの影響を公言しており、本作がどのような恐怖体験になるのかが気になるところだ。

 この『怨霊』に関してChilla’s Artは、「怨霊の背景ではフォトスキャン(?) のお陰で本当リアルに見える。めちゃくちゃテンション上がってます」とツイート。Chilla’s Artは、たびたびローポリゴン的な表現を使っていたが、今回は写実的なグラフィックが特徴。このツイートからは、そのグラフィックの出来栄えに自信があることが伺える。

 また『夜勤事件』などでは、これまでVHSのテープノイズ的なエフェクトを使っていたが、今回はカメラのファインダーを通すので、シャッタースピードによる光の残像表現がトレーラーからは見てとれる。これまでとは違った美しくも怖いホラーゲームが体験できそうだ。

あのコンビニ夜勤アルバイトのホラーゲーム『夜勤事件』を作った開発「Chilla’s Art」に制作話を聞いた。『呪怨』が好きな兄弟が日本の小説に影響を受けて開発

 開発したChilla’s Artはアメリカ育ち日本人。兄弟でゲームを制作しており、短い期間で短編のホラーゲームを発売する多作の作家として知られている。

 今回の『怨霊』に関しても、2月18日発売した『夜勤事件』のわずか2ヵ後のリリースとなり、その創作意欲が旺盛さが伺える。前作『夜勤事件』ではゲーム実況が大いに盛り上がったが、今回でも再びゲーム実況や考察のブームが巻き起こりそうだ。『Onryo | 怨霊』は4月25日、発売予定だ。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧