『Into the Breach』がアップデートで日本語やLinuxに正式対応。怪獣の動きを予測しながら街を守り抜くターン制ストラテジー

 Subset Gamesは、PC(SteamHumble StoreGOG.comEpic Gamesストア)および海外Nintendo Switch向けに配信中の『Into the Breach』において、バージョン「Version 1.2」のアップデートパッチを4月20日(月)深夜に配信開始した。

 『Into the Breach』は、宇宙船の船長となって旅するローグライクゲーム『FTL: Faster Than Light』を開発したSubset Gamesが手がけるターン制のストラテジー(戦略)ゲーム。将棋盤のような8×8マスのステージで、「敵の動きを予想して戦う」優れたゲームデザインが特長のタイトルだ。

 今回のアップデートでは日本語を含む9つの言語やLinux OS、タッチスクリーン端末に正式対応し、より快適に遊ぶことができるようになった。また、武器の入手に必要なコストの変更やゲームエンジンの最適化などの細かな調整も施されている。

 なお、今回のアップデートにより近い将来、一部のMOD機能が壊れる可能性がある。この問題についてはMODコミュニティの一部メンバーと連絡を取っており、修正を円滑に行えるよう働きかけているという。

(画像はSteam『Into the Breach』より)
(画像はSteam『Into the Breach』より)
(画像はSteam『Into the Breach』より)

 電ファミニコゲーマーでは過去に、Subset GamesのクリエイターであるJustin Ma氏にインタビューした際の記事も掲載されているので、興味があればこちらもチェックしてみてほしい。

“中毒性の魔術師”はいかにして「あと1回」のストラテジーゲームを作るのか?『FTL』、『Into the Breach』で高評価を得たSubset Gamesに聞く「足すのではなく引く開発」の極意

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧