『鬼滅の刃』のキャラを育てる「きめつたまごっち」が10月上旬発売、予約受付が開始。見習い隊士が育成次第で異なるキャラへ変化

 株式会社バンダイは携帯型育成玩具「たまごっち」シリーズから、テレビアニメ『鬼滅の刃』に登場する「鬼殺隊(きさつたい)」の隊士の育成を楽しめる「きめつたまごっち」を2020年10月上旬に発売することを発表した。

 価格は税込2530円。下記画像の「たんじろうっちカラー」と「ねずこっちカラー」にくわえ、通販サイトAmazon.co.jpで限定販売される「きさつたいっちカラー」の全3種となっている。違いはカラーデザインのみで内容は変化しない。「たんじろうっちカラー」と「ねずこっちカラー」については全国の玩具店や百貨店・家電・量販店の玩具売場、インターネット通販などで販売される予定だ。

(画像はきめつたまごっち | ネットで発見!!たまごっち 公式ホームページより)

 1996年に発売された「たまごっち」は発売から2年半で全世界累計約4000万個以上を販売するなど、一種の社会現象になるほどのブームを巻き起こした育成玩具である。2020年3月末時点でのシリーズ累計販売数は8200万個を超えており、最新機種の「たまごっち みーつ」にはシリーズ初となるBluetoothを搭載。スマートフォンやタブレット端末を通じて全国のユーザーと遊ぶことができるなど、時代に合わせた進化を続けている。

 今回発売される「きめつたまごっち」は、シリーズ累計発行部数4000万部を突破し、社会的なブームを巻き起こしている『鬼滅の刃』のテレビアニメ版の世界設定を「たまごっち」に落とし込んでいる。直径は本家「たまごっち」よりもひと回り小さい4cmで、本体はそれぞれ、主人公「竈門 炭治郎(かまど たんじろう)」とその妹である「禰󠄀豆子(ねずこ)」、鬼を退治する政府非公認組織「鬼殺隊」の制服をイメージしたカラーデザインだ。

 「きめつたまごっち」では見習い隊士の「鬼殺隊士・癸(みずのと)」からはじまり、“岩斬り”や薬湯かけなど、3種のミニゲームや食事などを通じて育成。育成方法や特殊条件の達成次第でさまざまな「“呼吸”の使い手」へと変化させていく。また「鎹烏(かすがいがらす)」「チュン太郎」などのサポートキャラクターや死闘を繰り広げた「鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)」などの“鬼”も登場する。

 なお、5月1日(金)14時からバンダイ公式通販サイト「プレミアムバンダイ」などの通販サイトで予約受付が開始されたが、記事執筆時点で同サイトでの在庫は尽きていることが確認できた。SNSでは一部家電量販店の通販サイトで「まだ在庫の取り扱いがある」との情報も流れているため、興味がある人は早めにチェックするとよいだろう。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧