『Little Witch Nobeta』のSteam早期アクセスが6月24日より開始。可愛いキャラと魔法を使った戦闘が特長の3DアクションSTG

 台湾に拠点を置くインディーゲーム開発会社のPupuya Gamesは、3Dアクションシューティングゲーム『Little Witch Nobeta』Steam早期アクセスを6月24日(水)より開始することを発表した。

 『Little Witch Nobeta』は、魔女っ子のキャラクター「ノベタ」を操作して謎の古城を探検する3Dアクションシューティングゲーム。可愛らしいアートデザインをはじめ、元素によって性質が変化する攻撃属性や詠唱の有無などを状況に応じて使い分ける、少し複雑ながらも奥の深い戦闘システムを特長としている。

 詠唱を必要とする大技は杖で殴る物理攻撃や適切な回避による詠唱時間の短縮が可能で、ゲームに慣れている人であれば攻撃的な戦闘スタイルで敵の弱点属性に合わせた大技をガンガン敵に撃ちこむことができる。また、ゲーム中にはシナリオカットシーンや謎解きの要素も登場するようだ。

(画像はSteam『Little Witch Nobeta』より)
(画像はSteam『Little Witch Nobeta』より)
(画像はSteam『Little Witch Nobeta』より)

 『Little Witch Nobeta』の開発については台湾でキャラクターコンテンツをプロデュースする「SimonCreative」から支援を受けており、2Dアートやトレイラー映像のデザインなどの業務は同社が担当しているため、Pupuya Gamesはゲーム自体の開発に専念できているという。

 そんな本作は、ACG文化(アニメ・コミック・ゲーム)を取り扱う台湾最大手のポータルサイト「巴哈姆特(バハムート)」が主催する、2019年度の「バハムートACGクリエーションコンペティション」でゲームグループ人気賞を受賞した実績を持つ。

 今回、早期アクセスを開始する理由については「作者の収入がほとんどないまま3年近くの開発期間が経った」ことを挙げ、早期アクセスの採用による開発サポートが目的となっている。なお、完成までは「あと1年から2年かかる」との予測も出されている。

 作者のPupuya氏は自身のTwitterアカウント上で「初回のプレイ時間は3時間以上遊べるはず」と伝えており、早期アクセス版では全6ステージ中3つのステージを遊ぶことができる。

 Steamストアページでは無料のデモ版も配信されているので、興味があれば一度ダウンロードして遊んでみるとよいだろう。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧