『セーラームーン』を自分の絵柄で描くハッシュタグ「#sailormoonredraw」大流行。各界のイラストレーターも参戦

 現在、Twitterではアニメ『美少女戦士セーラームーン』シリーズのワンシーンを自分の絵柄で描くハッシュタグ「#sailormoonredraw」が流行している。様々な漫画家やイラストレーターはもちろん、美術家もセーラームーンを描いており、多種多様なセーラームーンがタイムラインをにぎやかしている。

 「#sailormoonredraw」は、主に海外のファンを中心に楽しまれていたもので、現在日本で流行しているものは『美少女戦士セーラームーンS』の36話「輝く流星! サターンそして救世主」のワンシーンが元となっている。この回の作画監督は伊藤郁子さんが担当しており、ほかの回で作画監督を務めていた香川久さんもリスペクトをこめてイラストを投稿している。

 この画像が元となったはじめてのツイートは、2019年8月16日と少し前となっており多少時間差を感じる。日本で「#sailormoonredraw」が流行したきっかけのひとつとして、最近発表された劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』や、テレビアニメシリーズ無料公開の影響があるのではないかと推定できる。

 有名なイラストレーターの面々も参加しており、『Fate/Grand Order』『Fate/EXTRA』シリーズで知られるワダアルコさんのセーラームーンにはじまり、『OCTOPATH TRAVELER』でグラフィックデザインを担当しているM.Nishimuraさん、『三国志大戦』のカードイラストの風間雷太さん、『Summer Pockets』の原画の和泉つばすさん、などゲーム関連のイラストレーターたちも思い思いのセーラームーンを描いている。

M.Nishimuraさん作
(画像はTwitter@hectNishiより)
風間雷太さん作
(画像はTwitter@kazamaraitaより)
和泉つばすさん作
(画像はTwitter@tsubasu_izumiより)

 「#sailormoonredraw」は随時更新されていて、ツイート数の勢いがとどまらない。読者の皆さんも自分好みのセーラームーンを描いたり探したりしてみよう。

文/tnhr

ライター
メイプルストーリーで人との関わり方を学び、ゲームのゲームらしさについて考えるようになる。主にRPG、アドベンチャーゲーム、アクションゲームの物語やシステムに興味のある学生。
Twitter:@zombie_haruchan
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧