退廃的なニュージーランドを切り取る写真撮影ゲーム『ウムランギ ジェネレーション』が発売開始。インゲームフォトが主体の注目インディーゲーム

 PLAYSMは本日5月20日、オーストラリアのORIGAME DIGITALが手掛ける写真撮影シミュレーションゲームの『ウムランギ ジェネレーション』(Umurangi Generation)をリリースした。対応プラットフォームはSteamで、価格は1520円となっている。

 本作はニュージーランドのタウランガ市を舞台としており、時代設定は現代よりもさらに未来となっている。現実世界のタウランガは海沿いの観光地として有名だが、開発チームが“クソみたいな未来”として紹介しているとおり、ゲーム内ではバリケードで街が囲われ封鎖されており、なにか危機差し迫る日々と謎に満ちた雰囲気を感じさせる。

 プレイヤーはタウランガ運輸の配達人として働きながら、カメラを持って写真を撮ってくことになる。色・構図・映した物などを基準とし写真を撮るたびにスコアとして金額が表示され、それがそのまま任務が報酬となる。そして、その報酬を使ってカメラの機材をアンロックすることも可能だ。単焦点から望遠、魚眼レンズを獲得して表現の幅を広げていくことができる。

 ゲーム内ではステージごとにフォトバウンティと呼ばれるミッションが設定されており、撮った写真が被写体やレンズの条件を満たしていると達成。写真撮影を完了するとステージクリアになる。

(画像はウムランギ ジェネレーション内で撮影)
(画像は『ウムランギ ジェネレーション』内で撮影)
(画像は『ウムランギ ジェネレーション』内で撮影)

 ストアページではデモ版をダウンロードできる上に、Bandcampでも曲の配信を行っているAdolf Nomura氏の手掛けたサウンドトラックも購入できる。ドラムンベースやフューチャーベースの色が強いダンサブルな楽曲を聴くことができる。

 写真は撮った後にすぐデジタル現像することができ、露出やコントラストを設定することによって自分好みの色や雰囲気を作り出すことが簡単にできる。ただ、色を目立たせればよいわけではないので絶妙な調整が必要になってくる。

(画像はSteam「ウムランギ ジェネレーション」より)
(画像は『ウムランギ ジェネレーション』内で撮影)
(画像は『ウムランギ ジェネレーション』内で撮影)
(画像は『ウムランギ ジェネレーション』内で撮影)

 近年様々な分野から注目され、ゲームに導入されているインゲームフォトのシステム。本作は、その要素だけを抽出してゲームまで昇華させたものとなっている。ぜひ、読者も退廃的な世界での写真撮影を楽しんでほしい。

文/tnhr

ライター
メイプルストーリーで人との関わり方を学び、ゲームのゲームらしさについて考えるようになる。主にRPG、アドベンチャーゲーム、アクションゲームの物語やシステムに興味のある学生。
Twitter:@zombie_haruchan
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧