ある女性が送る孤独と不安に満ちた一夏の生活を描くアドベンチャー『Stilstand』発表。グラフィックノベルアーティストが中心となって作る悲しくも希望あるダークコメディ

 デンマークのコペンハーゲンに拠点を置くデベロッパーNiila Gamesは、デンマーク在住のグラフィックノベルアーティストであるアイダ・ハートマン氏が中心となって開発するアドベンチャーゲーム『Stilstand』を発表した。ダークで奇妙な世界を確認できるトレイラーも公開。Steamにて2020年夏に発売予定で、iOSとAndroidでもリリース予定となっている。

 『Stilstand』は、薄暗いアパートの一室に住むひとりの女性が主人公の作品。不安と孤独に満ちたある夏の生活を通して、主人公の悲しくも希望に満ちた旅を追う、ダークコメディなインタラクティブグラフィックノベルだ。

 特徴的なアートはハートマン氏の手書きで、ストーリーは彼女個人が書いたものから来ているという。現代社会におけるメンタルヘルスの問題に切り込む作品になる。

 映像でも異彩を放つ黒い影のようなモンスターは、実際には主人公の女性を褒めたり、とりとめのない会話に付き合う気の良い友人のような存在のようだ。トレイラーでも常に彼女に寄り添い、彼女がコペンハーゲンでなんとか暮らしていくための手助けをしてくれる姿を確認できる。はたして物語の中でどのような役割を持つのか、気になるところだ。

 デジタルコミックを読むようにゲームは進行するが、その中ではさまざまなミニゲームが登場する。トレイラーではほかの車を弾き飛ばしながら進むレースゲームや、『Flappy Bird』のようなスマホアプリで遊んだり、ソーシャルメディアのフィードを読んだり愛を求めてテキストメッセージを送ったりする姿を確認できる。

(画像はSteam『Stilstand』より)
(画像はSteam『Stilstand』より)
(画像はSteam『Stilstand』より)
(画像はSteam『Stilstand』より)

 メンタルヘルスをテーマにした自伝的なストーリーやモノトーンのアートスタイルなど、『Neverending Nightmare』と類似する点が見える。
 『Stilstand』もダークなストーリーが展開していきそうだが、その中にも救いや笑いも存在する。黒いモンスターやさまざまな人々との交流が主人公の人生をどう変えていくのだろうか。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧