スクエニが『すばらしきこのせかい』の商標を新たに出願、海外で新展開に注目集まる。7月開催の「アニメエキスポ」では主人公ネクたちのキーアートが採用

 2007年に発売された『すばらしきこのせかい』の商標が新たにスクウェア・エニックスによって出願されていることが明らかとなった。海外メディアGematsuなどが報じている。

 『すばらしきこのせかい』については先日も、日本アニメーション振興会(SPJA)が主催するオンラインアニメイベント「Anime Expo Lite 2020」にてキーアートとして採用され、「新たな展開があるのでは?」と気の早い一部の海外ファンが色めきだっていた。同イベントは7月3日から4日に開催される予定だが、今回の商標出願を経てファンの興奮はさらに加速している。

(画像は「Anime Expo」公式サイトより)

 新たに見つかった『すばらしきこのせかい』の商標は6月1日に出願されており、記事執筆時点ではまだ認可は下りていないようだ。区分は化粧品や家具など8区分にまたがっており、商品役務は化粧や香水、水筒、さらには食品が登録されている。これらを見る限り、『すばらしきこのせかい』のグッズ展開を狙った商標だと判断できる。

 かつてスクウェア・エニックスは、ゲームがリリースされる1年前の2006年にこれとは異なる『すばらしきこのせかい』の商標を出願している。同社が現在保有する商標は3つ。ゲーム関連の商標のほか、2013年には区分41(教育、娯楽、スポーツ、文化)としても登録。区分41にはアニメやマンガも含まれている。

 商標権の存続期間は10年間なので、ときおり「新たな動きでは?」と騒がれる商標が、実は失効を前に再登録しただけだったということは良くあるが、今回は新たな商標の登録となっている。

 「Anime Expo Lite 2020」は、現地時間7月3日、4日にYouTubeとTwitchで無料公開される。天野喜孝氏をはじめとした多数のゲスト、発表、ライブなど様々なイベントが予定されている。詳しい日程などはまだ発表されていないので、公式サイトTwitterアカウントをフォローして、続報を待って欲しい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧