『メダロット クラシックス プラス』がNintendo Switchで11月12日発売決定。『G』『ナビ』『弐CORE』も含めたシリーズ8作を収録

 任天堂は、『メダロット』シリーズの初期作をひとまとめにしたNintendo Switch用ゲーム『メダロット クラシックス プラス カブトVer./クワガタVer.』を発表した。価格はそれぞれのバージョンが税別4980円で、2020年11月12日に発売予定だ。

 また、あわせて『メダロットナビ』『メダロットG』『メダロット弐CORE』のサントラCDなどが付属する豪華な限定版も発表されており、こちらは両バージョンとも税別1万3800円となっている。

 『メダロット クラシックス プラス』は、ゲームボーイから続く『メダロット』シリーズ8作を1本のソフトにまとめたコレクションだ。2017年に『メダロット』20周年を記念して発売されたNintendo 3DS用ソフト『メダロット クラシックス』収録作品に、新たに3作を追加している。

 収録ソフトは『メダロット』『メダロット2』『メダロット3』『メダロット4』『メダロット5』『メダロットナビ』『メダロットG』『メダロット弐CORE』で、それぞれカブトとクワガタバージョンが用意されている。

(画像は任天堂公式サイトより)

 「メダロット」とは、人工知能メダルを搭載したお友達ロボット「メダル・ロボット」のこと。作品世界ではメダロットが幅広く普及し、人類の友人として存在している。さらに、さまざまな能力を持つメダルとパーツを組み合わせたメダロット同士を戦わせる「ロボトル」は、老若男女問わず愛され、世界大会が開かれるほどの人気を誇っている。

 シリーズを通して『メダロット』では、メダロットと子供たちの友情が描かれていく。メダロットや友人との絆、暗躍する大人たちとの戦いや、ロボトルを通じて子供たちの成長。ゲームプレイは基本的に3対3でメダロットが戦うターンベースバトルだが、シミュレーションRPGの『メダロットナビ』やアクションゲーム『メダロットG』といったスピンオフも存在する。

 今回発表された『メダロット クラシックス プラス』はそれら『メダロット』シリーズを収録するだけでなく、ボタンが壊れるほどの連打が必要だった一部のミニゲームを助ける「ミニゲーム連打機能」や、「いつでもセーブ&ロード」、「倍速機能」、「ロボトルスキップ」、そして友だちとパーツ交換や対戦ができる「通信対戦」、さらにはクリア後に全てのパーツが手に入る「全パーツ入手機能」といった機能も搭載される。

(画像は任天堂公式サイトより)
(画像は任天堂公式サイトより)
(画像は任天堂公式サイトより)
(画像は任天堂公式サイトより)

 現在、自分の名前をゲーム内に収録するスペシャルサポーターキャンペーンも行われている。公式サイト内の応募フォームからニックネームを登録すると、『メダロット クラシックス プラス』ゲーム内にスペシャルサポーターとして名前が収録される。
 スマホゲーム『メダロットS』のフレンドIDも登録すれば、『メダロットS』用のアイテムもプレゼントされる。遊んでいないけど登録したいという方も、ニックネームのみ登録で応募可能だ。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧