5対5のマルチプレイシューティング『STAR WARS:スコードロン』ゲームプレイ詳細が公開。複数のマップにまたがりさまざまな目標の達成を競いあう「フリートバトル」が本作の目玉に

 6月19日に開催されたEAのゲーム情報番組「EA Play Live」にて、3Dシューティングゲーム『Star Wars: Squadrons』(STAR WARS:スコードロン)のゲームプレイ詳細が公開された。

 『Star Wars: Squadrons』は、帝国軍と新共和国軍に別れて、『スターウォーズ』でおなじみのスターファイターに乗り込み戦う3Dシューティングだ。シングルプレイキャンペーンの舞台は銀河内乱末期。帝国軍と新共和国軍の視点が交互に描かれ、双方の名高きリーダーや指導者たちに率いられるエースパイロットの活躍が描かれる。

 一方で本作のメインコンテンツとなるのはマルチプレイで、5対5の中隊同士の戦いが描かれる。ゲーム内には5対5で戦うチームデスマッチである「ドッグファイトモード」、本作を代表する「フリートバトルモード」の2種類が存在する。

 フリートバトルモードでは、5対5の戦闘はドッグファイトモードと同じだが、戦場にほかのNPCスターファイターも登場する。ドッグファイトで戦線を押し上げたり、敵の旗艦を破壊したりと、さまざまなミッションの遂行する目標とする複数のマップにまたがる大規模な戦闘がテーマとなる。

 プレイヤーが乗り込む機種としては、どのような戦場でも活躍できる万能機「ファイター」、高速・高機動が特徴の「インターセプター」、ほかのスターファイターへの補給を任務とする「サポート」、敵戦闘機だけでなく敵旗艦にも大きなダメージを与えられる高威力な「ボマー」の4種が存在。

 また機体の性能に直結するカスタムパーツは50種類以上。プレイヤーやスターファイターの装飾アイテムも充実しており、全てのアイテムはゲームをプレイすることでアンロック可能だ。

(画像はSteam『Star Wars:スコードロン』より)

 ついにゲームプレイの詳細が判明した『Star Wars: Squadrons』は、10月2日リリース予定で価格は4300円だ。対応プラットフォームはPlayStation 4、Xbox One、PC(Origin、Steam、Epic Games Store)で、クロスプレイにも対応予定。PS4とPC版はVR機器も利用できる。幅広いプラットフォームで楽しめるので、ゲームを購入する方は公式サイトの予約ページから、好みのプラットフォームのものを購入して欲しい。

</p>

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧