PLAYISMが『黄昏ニ眠ル街』のパブリッシングを発表。オリエンタルな街並みとファンタジーが合わさる自由探索型の3DアクションADV

 インディーゲームの販売や配信などの事業を手がけるPLAYISMは、日本時間6月24日午前0時より行われたオンラインイベント「New Game+ Expo」内にて、Windows(Steam)向けアドベンチャーゲーム『黄昏ニ眠ル街』パブリッシングを担当することを発表した。2021年の配信を予定している。

 なお、2019年の末に開催された「コミックマーケット97」で頒布されているガイドブックには、アルファ版の最終バージョンである「α3.0」のダウンロードコードが同梱されている。こちらは各種同人通販サイト(アリスブックスとらのあなメロンブックス)にて購入可能だ。

 『黄昏ニ眠ル街』は、イラストレーターのnocras氏が主宰するサークル「Orbital Express」による3Dアクションの要素を含むアドベンチャーゲームである。飛行船で旅をする主人公の「ユクモ」を操作して、美しく表現された東洋の街を自由に探索する作品となっている。故障してしまった飛行船の修理も重要だが、誰ひとりとして見かけることがなく眠るように静まり返った街をはじめとする、さまざまな謎をひも解いていくのが本作の醍醐味といえる。

 nocras氏のアートデザインを3D化している本作はUnreal Engine 4で制作されており、Epic Gamesによる総額1憶ドル規模の基金「Epic MegaGrants」の支援を受けて開発が進んでいる。

 『黄昏ニ眠ル街』に興味があれば、Steamのウィッシュリストに登録のうえ、nocras氏のSNSアカウント(TwitterTumblr)やpixiv FANBOXをチェックして続報を待ってみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧