中国を揶揄するアセットが見つかり販売中止となった『還願 Devotion』欧米のパブリッシャーと協力して全世界で再リリースする方法を模索中

 アセットの一部に中国の習近平国家主席を揶揄するものが見つかり、発売から1週間で販売が停止されたRed Candle Gamesのホラーゲーム『還願 Devotion』。注目の集まっていた作品だけに同作の復活を望む声はいまだに大きいが、開発スタッフが今後の展開について海外メディアPCGamerのインタビューにて答えた。近日中に本作がふたたびSteamなどで買えるようになるかは不明だが、少なくともRed Candle Gamesは再販を諦めていないようだ。

 インタビューによればRed Candle Gamesは、海外のファンからの温かい支援に感謝し、そんなファンの期待に応えられるようチャンスと可能性を求めて全力を尽くしているという。現在はデジタル版を世界中で再び販売できるように、欧米のパブリッシャーと協力する選択肢を模索している。チームの口ぶりから、本作の再リリースのために現在はそのパブリッシャーを探しているようだ。

(画像は『還願 Devotion』より)

 『還願 Devotion』は2019年2月に発売された作品。前作『返校 Detention』を開発したスタジオの新作として大いに注目を集めたが、前述したように習近平国家主席を揶揄するアセットが発見され、中国のゲームファンが激怒し一部がSteamにてレビュー爆撃する事態へと発展した。

 Red Candle Gamesはすぐさま該当するアセットを変更するパッチを配信した上で、広範囲にわたる使用アセット全てを精査していたわけではなくチームとしてもゲームとしても誰かを傷つけることは意図していなかったと謝罪。しかし、2019年2月23日ごろに中国のSteamストアからゲームが削除され、追って全世界規模で販売が停止されることになる。本作をパブリッシングしたIndieventは、中国当局によりビジネスライセンスを抹消されるまでに至った。

 また台湾の開発スタジオであるRed Candle Gamesの立ち位置もあり、政治問題にも発展。台湾の陳其邁行政院副院長が、「民主主義と自由がある国でのみ、創造は制限から自由になることができます」と、ゲームを擁護する発言をしたことがBBCで報じられた。

 販売停止から1年後の今年2月には、『還願 Devotion』がハーバード大学のハーバード燕京図書館に収蔵。また6月には台湾国内のみで豪華なパッケージ版の予約販売を開始するなど、徐々に新たな展開が見られているが、それでも本作は今なお台湾以外の地域では購入できない状態が続いている。

大家好,我們是赤燭#還願DEVOTION…

赤燭遊戲 - Red Candle Gamesさんの投稿 2020年6月12日金曜日

 インタビューにてRed Candle Gamesは、『還願 Devotion』のグローバルリリースを目標にしているが、現在はこれまでに経験の無かった物理パッケージのリリースと、未発表の新作を全世界でリリースすることに注力しているとも伝えている。少しずつ前進しているが、台湾以外のゲームファンが本作をプレイするには、まだもう少し時間がかかりそうだ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧