『ファイナルファンタジータクティクス』と『カルドセプト サーガ』に影響を受けたシミュレーションRPG『Fae Tactics』が7月31日発売決定

 ニューヨークに拠点を置くデベロッパーのEndlessfluff Gamesは、同社が開発するシミュレーションRPG『Fae Tactics』7月31日(金)に発売すると発表した。プラットフォームはPC(Steam)

 正確な時間は未発表だが、日本時間では8月1日(土)ごろの発売になると予想される。記事執筆時点でSteamストアページは英語表記のみだが、ゲーム自体は日本語にも対応している。

 『Fae Tactics』は『ファイナルファンタジータクティクス』『カルドセプト サーガ』に強い影響を受けているシミュレーションRPGだ。
 魔法世界と自然界のふたつの世界が衝突し、世界は荒廃。生き残った人々はがれきの中で暮らしているが、関わることがなかったはずのふたつの世界の住人が出会い、荒廃した世界であっても紛争が起きている世界が舞台だ。

 ゲームの主人公は、そんな世界をふたりのお供と古ぼけたバイクで旅する少女「ピオニー」。緊張感の高まる世界でさまざまな人々に出会い、紛争に関わっていくことになる。

 ゲームの戦闘は高低差や属性による有利不利など、多くの面で一般的なシミュレーションRPGの知識を活かせる。このジャンルのゲームを遊んでいれば、ゲームシステムで迷うことはあまり無いだろう。一方、本作ならではの大きな特徴とされているのが“メニューレス”な戦闘だ。

 シミュレーションRPGといえばキャラクターはさまざまな能力を持ち、行動するたびにメニューを開いて「魔法」や「攻撃」を選ぶのが一般的だろう。
 本作では、ほかの味方を選択すればキャラクターに設定された支援行動、敵を選べば攻撃、何もしなければ特殊な待機能力を使用する。移動を合わせても各キャラクターが取れる行動自体は多くないが、その分シンプルにまとめられている。

 ユニットごとにコストが設定されており、上限に達さないようにパーティを組まなければならない。キャラクターが取れる行動を吟味しながら、最良のパーティで出撃することが求められるだろう。

(画像はSteam『Fae Tactics』より)
(画像はSteam『Fae Tactics』より)

 2016年の発表から4年の開発期間を終え、ついに『Fae Tactics』がリリースされる。全く異なる世界の住人が出会うことで起きる紛争を軸にしたストーリー、キャラクターの違いをよく考えてパーティを考える戦闘など、シミュレーションRPGファンにはたまらないゲームになりそうだ。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧