マルチプレイ対応ローグライクTPS『Risk of Rain 2』が8月11日正式リリース。最終ボス、最終面、新プレイアブルキャラなどをくわえてバージョン1.0へ

 シアトルに拠点を置くデベロッパーのHopoo Gamesは、ローグライクシューター『Risk of Rain 2』のPC版を8月11日(火)に正式リリースすることを発表した。2019年3月の発売後、約1年半の開発期間を経てバージョン1.0となる。コンソールでの正式リリース時期は後日発表される予定だ。
 なお、正式リリース時には19.99ドルから24.99ドルへと値上がりとなる。日本での価格もそれに伴って上昇するはずだ。

 バージョン1.0では、最終ボス、最終面、新しいプレイアブルキャラクター、新アイテムや装備が追加される。10人目となる最後のプレイアブルキャラクターは、12万票もあつまったファン投票「サバイバーボート」を勝ち抜いた、全く新しいキャラクターとなる。

(画像はSteam『Risk of Rain 2』より)

 『Risk of Rain 2』は高難度2Dアクション『Risk of Rain』の続編。2Dアクションからジャンルを大きく変えてTPSとなった。死亡すればプレイヤーの経験以外のほとんどを失い、プレイヤーの学習を重視し、プレイする度にマップ、敵、ボス、アイテムがランダムで生成されるローグライクなゲームプレイはそのまま受け継いでいる。
 プレイを進めればなじみ深いキャラクターもアンロックされるため、キャラクターを変更すれば全く異なるゲームプレイが楽しめる。

 シングルプレイと最大4人まで一緒に遊べるマルチプレイに対応。キャラクターごとのシナジーを意識しながら協力すれば、ひとりでは厳しい場面も切り抜けられるだろう。

(画像はSteam『Risk of Rain 2』より)
(画像はSteam『Risk of Rain 2』より)

 リリース直後に、1本買ったらもう1本貰えるキャンペーンを行っていたことも記憶に新しい『Risk of Rain 2』も、ついに正式リリースとなる。8月11日に値上がりも決定しているので、ゲームを安く遊びたいという方は今のうちにSteamなどで購入しておいた方がいいだろう。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧