ポケモンのバーチャル遊園地「ポケモンバーチャルフェスト」がcluster内に8月12日オープン。テーマは“みんなでつくる、夏の思い出”

 株式会社ポケモンは、スマートフォンやPC、VR機器などさまざまな環境から集まって楽しめるバーチャルSNScluster(クラスター)」にて、8月12日(水)から8月31日(月)までの期間でバーチャル遊園地「ポケモンバーチャルフェスト」をオープンすると発表した。

 「みんなでつくる、夏の思い出」をテーマに掲げる「ポケモンバーチャルフェスト」は、未完成の遊園地として「cluster」の仮想空間に存在する。本施設では、用意された「ミッション」に参加者たちが挑むことにより、成果に応じて「テーマパーク」内のアトラクションやコンテンツがどんどん増えていく。

 テーマパーク内には、モンスターボール型の「ポケモンキョダイ観覧車」「ホエルオーのスカイオーシャンクルーズ」などのポケモンをモチーフとした大迫力のアトラクションのほか、「インテレオンの射的屋さん」「ダグトリオの輪投げ屋さん」などの夏らしいコンテンツが用意されるようだ。

 また、テーマパーク内に設置されているステージでは、『ポケットモンスター ソード・シールド』におけるポケモンバトルのパブリックビューイングをはじめとするライブイベントが開催。8月29日(土)から31日(月)の期間には、ピカチュウのダンスショーや打ち上げ花火などの特別なイベントも実施されるという。

 「ポケモンバーチャルフェスト」の開催情報やテーマパーク内の施設紹介、および株式会社ポケモンと「cluster」を運営するクラスター株式会社については以下のとおり。

開催情報

■日程:
2020年8月12日(水)〜31日(月)

■参加方法:
「ポケモンバーチャルフェスト」には、スマートフォン、パソコン、VRデバイスからご参加いただけます。
また、参加にはclusterの無料アカウント作成と、ご利用されるデバイス用のclusterアプリのインストールが必要です。

■特設サイト:
https://pokemon2020.cluster.mu/

■ハッシュタグ:
#ポケモンバーチャルフェスト

■注意事項:
・内容は、予告なく変更する場合がございます。
・時間帯により、大変混雑し、入場が制限される場合がございます。その場合は、時間を空けて再度お試しください。
・長時間プレイされますと、お手持ちの端末(スマートフォン、パソコン、VRデバイス)が発熱する場合がございます。ご利用いただくうえで不都合はございませんが、気になる場合は、一度clusterアプリを閉じていただくか、休憩を挟み端末を冷ましてから、再度ご利用ください。

「ポケモンバーチャルフェスト」内のコンテンツについて

・エントランス

「ポケモンバーチャルフェスト」に入って、最初に降り立つのがこの「エントランス」。ここから「テーマパーク」に行ったり「ミッション」に挑んだりすることができます。バーチャル空間らしいクールでカッコイイ雰囲気の場所で、ピカチュウやポリゴンのホログラムが飾られていますので、待ち合わせの目印に、ご利用ください。

また、エントランスの中央には、みんなの「ミッション」の成果が集積されていて、テーマパークの完成度をチェックできます。

・アバター

アバターとは、バーチャル空間でのあなたの分身のことです。

「サルノリ」「ヒバニー」「メッソン」をモチーフにしたコスチュームの中から好きなものを選んで、「ポケモンバーチャルフェスト」に出発しましょう! ほかにもアバターのコスチュームが追加されるかも……? また、バーチャル空間では、自由に写真撮影ができます。みんなでお気に入りの場所に集合して、写真を撮りましょう。

・ミッション

「ミッション」は、みんなで遊べる脱出ゲームで、閉ざされた部屋の中で出題されるお題を解き、部屋から出ることができたら、クリアとなります。みんながクリアした成果に応じて、テーマパーク内のアトラクションやコンテンツが増えていきます。

ミッションは、迷路を通り抜けながら答えを導き出す「迷宮ミッション」、部屋の中に散らばった文字を集めることで答えを導き出す「ワードパズルミッション」、室内に掲示された暗号を解き明かすことで答えを導き出す「謎解きミッション」の全部で3種あり、ミッションの達成度によって順番に開放されていきます。

これらのミッションは、数々のリアル脱出ゲームを手掛けてきた「SCRAP」が制作。解きごたえのあるものばかりとなっていますので、どうぞお楽しみに!

・テーマパーク

ゲートをくぐると、ピカチュウの超巨大モニュメントがあなたをお出迎えしてくれます。隅々までパーク内を散策してみましょう! どこかにポケモンが隠れているかも……?

・アトラクションエリア

遊園地といったら、やっぱりこれ! モンスターボール型の「ポケモンキョダイ観覧車」や、パーク内を一周できる「ガラルマタドガスのわくわくトレイン」など、さまざまなアトラクションに乗ってお楽しみいただけます。

・ストアエリア

豊富な品ぞろえのおみやげ屋さんやアイスクリーム屋さんなど、様々なお店が並ぶエリア。商品は、パーク内であればどこへ持ち運んでもOK!好きなものを手に取って、パーク内で写真を撮ってみましょう!

また、「インテレオンの射的屋さん」や「ダグトリオの輪投げ屋さん」など、夏らしい遊べるコンテンツもご用意しています。

・ビーチエリア

テーマパークの奥には、美しいビーチが広がっています。波の音を聞きながら、友達と一緒に、海上アスレチックで遊んだり、浜辺で写真を撮ったりと、思い出づくりをしましょう!

・イベントステージ

テーマパーク内のピカチュウの超巨大モニュメントの下にはステージがあり、期間中にさまざまなイベントを開催! 『ポケットモンスター ソード・シールド』のポケモンバトルのパブリックビューイングなど、みんなで一緒に盛り上がれるイベントを実施します。さらに、8月29日(土)〜31日(月)には、ピカチュウのダンスショーや打ち上げ花火など、特別なイベントを開催予定。詳細は、追って「ポケモンバーチャルフェスト」特設サイトで発表します。

最高の夏の思い出を、ポケモンバーチャルフェストで、つくりましょう!

©2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
© 2017 Cluster, Inc.
※画面は開発中のものです。

補足情報

・株式会社ポケモンとは

1998年4月、ポケモンの原著作権者である、任天堂株式会社、株式会社クリーチャーズ、株式会社ゲームフリーク3社の共同出資により、当社の前身となるポケモンセンター株式会社が設立されました。

その後、2000年10月に、社名を株式会社ポケモンに変更し、ポケモンのゲーム、カードゲーム、アニメ・映画、MDなど、多岐にわたるポケモンコンテンツ全体のブランドマネジメントを行っております。

・クラスター株式会社とは

誰もがバーチャル上で音楽ライブ、カンファレンスなどのイベントに参加したり、友達と常設ワールドやゲームで遊ぶことのできる「バーチャルSNS」を展開しています。スマホやPC、VRといった好きなデバイスから数万人が同時に接続することができ、これにより大規模イベントの開催や人気IPコンテンツの常設化を可能にしています。世界初VR音楽ライブ「輝夜 月 LIVE@Zepp VR」や世界初eSports専用バーチャル施設「V-RAGE」、渋谷区公認の「バーチャル渋谷」の制作運営など、バーチャルで“集まる”体験を再定義し、全く新しいエンタメと熱狂体験を提供し続けています。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧