日本語版『Vampyr(ヴァンパイア)』がPS4、スイッチ向けに2020年秋発売。医師でありながらヴァンパイアである主人公の葛藤を描くホラーアクションRPG

 Game Source Entertainmentは本日、PlayStation4とNintendoSwitch向けソフト『Vampyr(ヴァンパイア)』を、2020年秋にリリースすることを発表した。

 本作は『ライフ イズ ストレンジ』シリーズを手がけたゲームスタジオDONTNOD Entertainmentが制作したホラーアクションRPG。2016年にゲームが正式リリースされてから、様々なゲームショウで多くの賞やノミネートを受けており、今回の日本語ローカライズを待ちわびていたファンも少なくないだろう。

日本語版『Vampyr(ヴァンパイア)』がPS4、スイッチ向けに2020年秋発売。医師でありながらヴァンパイアである主人公の葛藤を描くホラーアクションRPG_001
(画像はGame Source Entertainmentホームページより)

 舞台はインフルエンザ(スペイン風邪)に侵された第一次世界大戦末期のロンドン。主人公は第一次世界大戦から帰還した有名な外科医であるジョナサン・リード。医師として、病人を治療し、多くの命を救うと誓うが、何者かにヴァンパイアにされてしまったため、呪われた宿命を背負うことになる。

日本語版『Vampyr(ヴァンパイア)』がPS4、スイッチ向けに2020年秋発売。医師でありながらヴァンパイアである主人公の葛藤を描くホラーアクションRPG_002
(画像はGame Source Entertainmentホームページより)

 街を徘徊する敵であるヴァンパイアハンター、不死のスカル、その他の怪物との戦いで生き残るために、どの市民を吸血するかを医師としてか、ヴァンパイアとしてか選択しなければならない。1つの命を奪うことが、街全体の崩壊につながる可能性もある。ロンドンを救うのか、それとも破滅させるのか、プレイヤーの選択がシナリオに大きな影響を与えることになる。

日本語版『Vampyr(ヴァンパイア)』がPS4、スイッチ向けに2020年秋発売。医師でありながらヴァンパイアである主人公の葛藤を描くホラーアクションRPG_003
(画像はGame Source Entertainmentホームページより)

 医師でありながら、ヴァンパイアとして人の命を奪うと強化されるという面白いギミックを持っている本作。是非とも、気になる方はチェックしていただきたい。以下は商品概要となっている。

日本語版『Vampyr(ヴァンパイア)』がPS4、スイッチ向けに2020年秋発売。医師でありながらヴァンパイアである主人公の葛藤を描くホラーアクションRPG_004
(画像はGame Source Entertainmentホームページより)

■製品概要
タイトル : 《ヴァンパイア(Vampyr)》
対応機種 : PS4®、 Nintendo Switch™
発売予定 :2020年秋発売予定
価格   :PS4通常版:7480円(税別)
Nintendo Switch通常版:6980円(税別)
ジャンル :アクションRPG
プレイ人数: PS4®オフライン1人
      Nintendo Switch™ オフライン1人
発売   : Game Source Entertainment
開発   : DONTNOD ENTERTAINMENT
CERO  : Z

文/tnhr

ライター
日本語版『Vampyr(ヴァンパイア)』がPS4、スイッチ向けに2020年秋発売。医師でありながらヴァンパイアである主人公の葛藤を描くホラーアクションRPG_005
メイプルストーリーで人との関わり方を学び、ゲームのゲームらしさについて考えるようになる。主にRPG、アドベンチャーゲーム、アクションゲームの物語やシステムに興味のある学生。
Twitter:@zombie_haruchan
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ