『スーパーマリオ64』の有名バグ「BLJ」を日本人が「ケツワープ」と呼んでいる──「実用的で直感的だ」と海外で注目集まる

 先日9月5日、『スーパーマリオ 3Dコレクション』に収録されている『スーパーマリオ64』で、リアルタイムアタック(以下、RTA)におけるとあるテクニックが使えるかどうかを吟味するRTA界隈の動向が話題となったが、このニュースが海外で意外な拡散をみせた。『スーパーマリオ64』の「後方ロングジャンプ」(Backwards Long Jump、BLJ)のことを日本人が「ケツワープ」と呼んでいることが、海外で驚きをもって受け止められつつある。

 きっかけとなったのは、『モンスターハンタークロス』、『テイルズ オブ ベルセリア』などを手掛けたことがあるという日英ゲーム翻訳者のTom Jamesさん。このTom Jamesさんが、「『スーパーマリオ64』の後方ロングジャンプの技術は、日本語では「ass warp」と呼ばれているもので、正直に言って、はるかに実用的で直感的なものだと今日知りました」とツイート。これが海外では拡散されており、記事執筆時点では5000リツイートを超えている。

 英語圏では、「ケツ」はスラングとしてしばしば使われている単語であり、侮辱表現だけでなく、逆に組み合わせてポジティブな意味でも用いられている。英語圏の人が「ケツワープ」と聞いたとき、少し面白いニュアンスが含まれている印象を受けるのかもしれない。

(画像はTwitter@RTAlaboinfoより)

 今回のツイートに対して、海外の人からは「笑った」、「これからはケツワープと呼ぼう」、「任天堂がバグを修正した真の理由」などと反応が寄せられている。

 なお海外では「後方ロングジャンプ」(Backwards Long Jump)のことを「BLJ」と略している。一見して「BLJ」のほうが言いやすそうだが、「ケツワープ」のほうが「BLJ」を1音節だけ省略している指摘もでている。とはいえ、BLJも象徴的な言葉なので、この言葉がなくなることはなさそうだ。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧