オープンワールドRPG『原神』の収益はすでに1億ドル以上、業界アナリストが発売2週間足らずでの収益を分析。中国産IPとしては屈指のローンチを達成

 とくに中国・アジア圏でのゲーム業界事情に精通するNiko Partners社アナリストのダニエル・アフマド氏は、9月28日(月)にサービスインしたオープンワールドRPG『原神』が、発売2週間足らずで世界で1億ドル(約100億円)以上の収益を得ているとの見方を自身のTwitter上で報告した。

 基本無料のFree-to-Play(F2P)ゲームとしては中国、日本、韓国、そして米国の市場でトップを記録。中国の開発スタジオによるオリジナルIPの作品としては最大のローンチを収めたことに疑いはないとコメントしている。

 またアフマド氏はモバイルアプリの市場調査会社Sensor Towerを引用。10月6日(火)付けのブログにて、『原神』の初週売り上げが6000万ドル、モバイルゲームジャンルで『王者栄耀』(Honor of KIngs)に次ぐ世界第2位の売り上げを達成したと伝えている。
 モバイルRPGジャンルでは1位で、その後ろには『モンスターストライク』『Fate/Grand Order』が続いている。

 また、本作は発売初週に中国App Storeで2500万ドル近くの売り上げを記録しているという。Androidのサードパーティストアを含めない数字だが、これは全体の売り上げの42%となる。それに続いて日本では1700万ドルの売り上げで全体の29%ほど。3位はアメリカの800万ドルで約13%中日米で売り上げ全体の約84%をしめる結果となった。

(画像はSensor Towerより)

 リリース時に中国App Storeで184万ドル(約2億円)の売り上げを記録したことも含め、ほかに類を見ないローンチであったことは間違いない(参考記事)。アフマド氏など複数の業界アナリストが、本作は中国産オリジナルIPでもっとも大きなローンチであったことを示唆している。

 現在『原神』では、マルチプレイチャレンジイベント「元素クルーシブル」が開催中。「錬金」を完成させ、毎日補充されるリソース「天然樹脂」を消費することで大量のキャラクター経験値素材、冒険経験などの秘宝を手に入れられる。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧