新潟県佐渡市が『あつまれ どうぶつの森』のゲーム内で制作した「さどが島」を12月10日より公開へ。「市内の観光名所や町並みをリモートで楽しめるように」との想いから制作

 新潟県佐渡市は12月1日(火)、任天堂から発売中のNintendo Switch用ソフト『あつまれ どうぶつの森』のゲーム内で制作した「さどが島(しま)」を、12月10日(木)から公開すると発表した。

 「さどが島」は、実際の佐渡島をモチーフとした島のなかに、さまざまなエリアを設置する佐渡市オリジナルの島。佐渡市 農業政策課の担当者によれば、離島の自治体として『あつまれ どうぶつの森』を利用した「島づくり」は初の試み。新型コロナウイルスの影響拡大によって遠方への旅行が難しい状況のなかでも「佐渡市の観光名所や町並みなどをリモートの環境で楽しめるように」との想いから制作されたという。

 島内には「将来に受け継がれるべき重要な農林水産業システム」として、FAO(国連食糧農業機関)が提唱する「ジアス(GIAHS:世界農業遺産)」に選ばれた「トキと共生する佐渡の里山」をイメージした棚田や田んぼアートが配置されている。

 また、別の地点では金鉱石やスコップで史跡の「佐渡金山」が表現されているほか、佐渡市内の観光業従事者が独自に制作したマイデザインを展示するハブ施設など、さまざまな仕掛けやデザインを確認できる。

 島を訪れるための「夢番地」は後日発表されるため、興味があれば12月10日(木)以降に佐渡市のホームページをチェックしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ