名作ローグライクカードゲーム『Slay the Spire』2月3日のAndroid版配信決定が海外向けに発表。日本での配信実施については不明

 アメリカ・サンフランシスコに本社を置くパブリッシャー(販売元)のHumble Gamesは、アメリカ太平洋標準時2月3日(水)にローグライクカードゲーム『Slay the Spire(スレイ ザ スパイア)』のAndroid版を配信すると海外向けに発表した。ただし、執筆時点で日本での配信が実施されるかは不明となっている。

 『Slay the Spire』は、プレイするたびに進行度がリセットされるローグライクの要素と、同じくプレイするたびに最初からカードを集めていくデッキ構築の要素を組み合わせた作品である。2017年11月に早期アクセスを開始した本作は、2019年1月に正式リリース。執筆時点ではPC(SteamHumbleGOG)とNintendo SwitchPlayStation 4Xbox One、およびiOSへ向けて配信されている。

 作中でプレイヤーは、最初のカード構成が異なるキャラクターたちからひとりを選び、さまざまなランダムイベントで構築されたステージを進んでいく。道中では敵を倒すたびに、3枚のランダムなカードから1枚を自分のデッキに加えるかスキップするかを選びながら、自身が思う「最善のデッキ」と高くそびえる塔の果てを目指すことになる。

 なお、電ファミニコゲーマーでは、アメリカ・シアトルに拠点を置く開発会社Mega Crit GamesのCasey Yano氏とAnthony Giovannetti氏へのインタビューを2020年1月に実施している。

 記事では本作の絶妙なゲームバランスに関する質問への回答や、影響を受けた作品を紹介していただいているので、本作に興味があればぜひチェックしてみてほしい。

傑作インディーゲーム『Slay the Spire』開発者に訊く、バランス調整の妙。「与えられたものに、どのように適応できるか?」一期一会の戦術を、プレイヤーに強いること

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ