Googleがクラウドゲーミングサービス「Stadia」のゲーム開発スタジオの閉鎖を発表。今後はプラットフォームとしてのサービスに焦点を当てる

 Googleは同社が展開するクラウドゲーミングサービス「Google Stadia」のゲーム開発スタジオStadia Games and Entertainment(SG&E)を閉鎖することを発表した。あくまでゲーム開発部門の閉鎖であり、今後はプラットフォームとしてのGoogle Stadiaに焦点を当てる。

 2019年にGoogleに入社し、SG&Eを率いたジェイド・レイモンド氏は退社する。チームのメンバーは、今後数ヶ月以内にゲーム開発以外の新しい役割につくことになる。

(画像はGoogle Stadia公式ページより)

 Stadia Games and Entertainmentは、Googleが展開するクラウドゲーミングサービスGoogle Stadiaのためのファーストパーティ製ゲームを制作する予定だった。

 2019年に『アサシンクリード』『ウォッチドッグス』などでエグゼクティブプロデューサーを務めたジェイド・レイモンド氏を雇い入れ、同年にカナダのゲームデベロッパーTyphoon Studiosを買収。Typhoon Studiosは先日SteamとGOG.comでも発売された『Journey To The Savage Planet』の開発元だ。

 また、2020年にはカリフォルニア州にふたつ目の開発スタジオをオープンしたと発表した。SIEサンタモニカスタジオで『God of War』(2018)のエグゼクティブディレクターを務めたシャノン・スタッドスティル氏が率いるこちらのスタジオも閉鎖となる。

 海外メディアKotakuが得た匿名の情報筋によると、この閉鎖により150人の従業員が影響を受けるのだという。

 GoogleStadiaの副社長兼GMフィル・ハリソン氏によるとこの決定は、最高クラスのゲームをゼロから作成するには何年もかかり多大な投資が必要で、コストが指数関数的に増えていくことから、今回の閉鎖が決定されたという。今後Stadiaは実証済みのテクノロジーを構築し、ビジネスパートナーシップを深めることに重点を置いていく。

 なおハリソン氏は、Google Stadiaのユーザーは今後もサードパーティのゲームを遊ぶことができ、影響はほとんどないことを伝えている。

(画像はGoogle Stadia公式ページより)

 ファーストパーティタイトルを作ることを目指したGoogleは、わずか1年ほどで断念した。すでに『Journey To The Savage Planet』をリリースし、2020年11月にはDLC「Hot Garbage」をリリースしたTyphoon Studiosの今後が気がかりだが、現時点でTyphoon Studiosやゲームのパブリッシャーである505 Gamesから、スタジオやゲームの今後についての発表はされていない。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ