『サイバーパンク』『ウィッチャー』のCD Projekt、サイバー攻撃の標的になり脅迫受ける。顧客情報の流出はなく関係当局と連携し調査を進める

 『サイバーポンク2077』『ウィッチャー』シリーズで知られるポーランドのCD Projektは、同社がサイバー攻撃の標的となったことをTwitter上で発表した。内部システムの一部がハッキングを受け、CD Projektグループの複数のデータが流出したという。

 ハッカーたちはメモ帳に犯行声明を残しており、『サイバーパンク2077』や『GWENT』、『The Witcher 3』および同作の未リリースのソースコードを保存したと主張している。ソースコード以外にも、会計や人事、法務、投資家向けの広報活動に関する社内文書なども盗み取り、すべてのサーバーを暗号化したという。

 犯行者あるいはグループは、今回のハッキングによる暗号化は解除可能だろうとしている一方で、48時間以内に連絡し何らかの合意が得られなければ、これらのドキュメントやソースコードをオンラインで販売、あるいはリークすると脅迫している。

 そうすればパブリックイメージや投資家への信頼の失墜によるさらなる株価下落が起きるだろうと、株価へのダメージを示唆した。脅迫文の一人称は「we」になっているが、単独犯か複数犯かは不明だ。

 CD PROJEKTは同社の公式Twitterアカウントにてこの事実を公表し、ゲームのプレイヤーやサービスのユーザーの個人データが現時点では流出していないことを伝えている。実際に暗号化もされていたようだが、こちらはバックアップは残っているという。また、交渉には一切応じず、法執行機関や個人情報保護局などの関係当局と連携を密にとって調査していくとしている。

(画像はSteam『The Witcher 3: Wild Hunt』より)
(画像はSteam『Cyberpunk 2077』より)

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ