映画『エイリアン』を題材にした協力アクションゲーム『Aliens: Fireteam』が正式発表。3人で協力して20種類以上の無数の敵と戦え

 アメリカ・カリフォルニア州サンノゼに拠点を置くゲーム開発会社Cold Iron Studiosは、協力型の3人称視点シューティング(TPS)ゲーム『Aliens: Fireteam』を発表した。2021年夏に発売予定。対応プラットフォームはPlayStation 5、PlayStation 4、Xbox Series X、Xbox One、PC(Steam)となっている。

 『Aliens: Fireteam』は、映画『エイリアン』シリーズをテーマにした協力型TPSだ。プレイヤー、またはAIと3人チームを組み、エイリアン(ゼノモーフ)と戦う植民地海兵隊として、さまざまなシチュエーションで生き延びなければならない。4つのキャンペーンが用意されており、兵科、武器、装備、パークを選択し、自分のプレイスタイルに合ったキャラクターを作り、エイリアンでいっぱいの戦場に挑戦する。

 登場するエイリアンは、フェイスハガーやトレイラーでも大量に出てくるドッグエイリアン、おなじみのエイリアン・ウォーリアー、やがてクイーンとなるプレトリアンなど11種類。エイリアン以外の敵とも戦うようで、敵は20種類以上用意されているという。
 対する海兵隊は、ガンナー、デモリッシャー、テクニシャン、ドクター、リーコンと、それぞれ能力が異なる5種類の兵科からひとりを選ぶ。30種類以上の武器と70種類以上の武器MOD、アタッチメントを組み合わせ、エイリアンたちと戦う。

 海外メディアGameSpotのインタビューによると、本作にもっとも影響を与えたのは『エイリアン2』で主人公リプリーと海兵隊たちが通気口から押し寄せる大量のエイリアンと戦うシーンだったと開発者は答えている。ゲームにはRPGスタイルのレベルアップによるキャラクターの成長システムが搭載され、ゾンビ協力FPS『Left 4 Dead』のようにキャンペーンを何度も周回しながら自分の海兵隊を成長させていく。5種類の難易度や特定の方法でミッションを完了させる「チャレンジカード」により、同じミッションでも異なるゲームプレイになるという。

(画像はSteam『Aliens: Fireteam』より)
(画像はSteam『Aliens: Fireteam』より)
(画像はSteam『Aliens: Fireteam』より)
(画像はSteam『Aliens: Fireteam』より)

 協力型TPS『Aliens: Fireteam』は2021年夏発売予定。Steamのストアページによると日本語には対応していないが、人気シリーズの新たなゲーム化ということで、日本でも正式に発売されることを祈りたい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ